突然ですが問題です・・・

隣の芝生は何色だ?
枠に捕らわれない考え方

せいび界2015年8月号Web記事

唐突ですが問題です。正方形の紙の上に正方格子状に9個の点が並んでいる。このとき4個の線分(ただし一筆書きできるようにつながっている折れ線であること)で9個の点をすべて通るようにしたいのですが、どのようにつなげばいいでしょう?(点の太さを活用するのは無効)

一筆で書けましたか?答えは簡単です。点の外で鋭角を作って線を引けば一筆で書けます

もし、点の中だけで線を引こうとしていた方は一筆では描けないはずです。このように枠に捕らわれないで柔軟に考えることが経営にも求められます。

日本一を目指す

先日、ある美容院に機材を納品しに行きました。その会社は、とある分野で日本一を目指しています。その分野とは「朝礼」です。朝礼日本一を目指し日夜工夫をしているのです。その結果、どのようなことが起きたかと言うと、地域の方が美容院に用は無いのにお茶を飲みに来たり、遊びに来てくれるそうです。そして、口コミでお客さまが増えていったのです。もちろん朝礼を始めてからということもあり、社員達も効果を目の当たりにしています。もちろん、朝礼の改善にも活発な意見を出しています。

朝礼日本一を目指す、という明確な目標があり、社員一丸となった結果が集客に繋がっているのです。朝礼などは企業が取り組む上で分かり易い指標の一つとなりますが、別に何でもいいのです。一つ日本一を目指していくことが経営には重要だとお伝えしたいのです。

冒頭に枠に捕らわれない考え方の話をしましたが、日本一を目指すものは何でもいいのです。自社にあった日本一、何処にも負けないものが必ずあると思います。目標達成には強みを伸ばすのが一番だといわれています。抽象的な目標でもアプローチをしっかり行えば、お客さまにはご賛同いただけると思います。

是非、何でもいいので日本一を目指して下さい!

答え

答え

 

 

 

ライター

三好 高史
㈱ビジネス通信工業 取締役
企業用の電話、FAX、OA機器の販売、リースまで幅広く扱う。日本全国の自動車業界とはOA機器の導入で幅広い繋がりを持つ。異業種の営業マンでありながら、「自動車業界が好き」というスタイルで様々な会合に参加し、情報交換を各地で行う。
座右の銘「一期一会」