CATEGORY

速報!自動車リサイクル

自動車リサイクルの話題。自動車は廃車になっても宝の塊。最新の自動車リサイクル情報や業界の動向や問題点。廃棄処理業者の直面する課題など、最近は海外への中古自動車輸出が多くなっている話題など

  • 2022年5月26日
  • 2022年5月27日

第133回 静脈産業の中国ショックに自動車リサイクル業界はどのように対応したか? そして現在日本の解体現場で進んでいることを考察する

熊本大学人文社会科学研究部(法学系)・環境安全センター長 外川 健一 1.はじめに 2005年にスタートした自動車リサイクル法。施行10年あまりは東日本大震災等の、危機管理に必ずしも対応できていないことが露呈されつつも、経済産業省は「概ね順調」と公言 […]

  • 2022年5月11日

資源マーケット情報 2022年4月

鉄スクラップ 鉄スクラップの4月市場は、3月に引き続き輸出市況の高騰を受けての国内炉前上昇が続く状況となった。下旬に入り、海外鉄源市況の下落を契機にアジア向け輸出市況より軟化となり、5月上旬は反落局面の見通し。   東京製鉄では、4月5日か […]

  • 2022年5月9日
  • 2022年5月10日

第132回 日本の中古車輸出台数の変動:ロシア向けを中心に

山口大学国際総合科学部 教授 阿部新 はじめに 2022年2月24日、ロシアによるウクライナ侵攻が始まった。2022年4月末現在、この侵攻は終結せず、世界各国はロシアに対する経済制裁を継続している。既にメディアで報じられている通り、これは日本からロシ […]

  • 2022年4月27日
  • 2022年5月9日

第131回 中国の中古車市場を考える

熊本大学 大学院博士前期課程在学中 劉 文昊 熊本大学人文社会科学研究部(法学系)・環境安全センター長 外川 健一   1.はじめに この2月24日、ロシアのウクライナの侵攻をきっかけに、世界の政治経済は大きな転換期を迎えている。自動車中古車市場に関 […]

  • 2022年4月10日
  • 2022年4月28日

国内の生産及び新車・中古車の販売状況(2022年2月分)

新車の国内4輪車生産状況 2022年2月の国内4輪車生産台数は、表1にあるように合計で69万3,216台(対前年同月比98.5%)と、7ヵ月連続で前年を下回った。 また、2月のメーカー別生産台数は、表2にあるように、トヨタ、ホンダ、ダイハツ、スズキの […]

  • 2022年4月10日
  • 2022年4月28日

自動車リサイクルシステム 運用状況 2022年2月

工程別引取(電子マニフェスト)実施状況 工程種別 年度 引取報告件数(千件) 引取報告件数(千件) 4月 5月 6月 第1Q計 7月 8月 9月 第2Q計 引取工程 2021 303 259 289 851 262 234 252 748 2020 […]

  • 2022年4月10日
  • 2022年4月27日

資源マーケット情報 2022年3月

鉄スクラップ 鉄スクラップの3月市場は、2月に続き輸出市況の高騰を受けての国内炉前上昇が続く状況となった。   東京製鉄では、3月10日より全国工場で炉前購入価格をトン当たり3,000円引き上げ(田原の電特A、特Aは4,000円上げ)、田原 […]

  • 2022年4月1日
  • 2022年3月31日

抹消登録台数 2022年2月

2022年2月の各抹消台数は、落ち込みが目立つ結果となった。 輸出抹消は、対前年がマイナス23.4%、対前月もマイナス49.2%と、いずれも2桁のマイナスとなった。特に対前月は、対前年が約20%減なことに加えてのほぼ半減なだけに落ち込みぶりは相当なも […]

  • 2022年3月10日
  • 2022年4月27日

第130回 自動車の廃棄の行方に関する理論的視点

山口大学国際総合科学部 教授 阿部新 1 はじめに 新興国・途上国の経済成長により、廃棄の受け皿の整備が急務とされる。自動車は、新車として使用された後、中古車として流通する。そこで国内外に移動した後に使用済みとなる。受け皿の整備の前提として、どこで使 […]

  • 2022年3月10日
  • 2022年4月27日

資源マーケット情報 2022年2月

鉄スクラップ 鉄スクラップの2月市場は、輸出市況の続騰を契機として国内炉前も上昇局面が続く状況となった。   東京製鉄では、2月10日より全国工場で炉前購入価格をトン当たり2,000円引き上げており、田原工場は海上・陸上特級とも5万5,50 […]

 data-src=有償運送許可研修を毎月開催" width="650" height="178" >

有償運送許可研修を毎月開催

せいび広報社では毎月、事故車故障車等の排除業務に係る有償運送許可の研修会を実施しています。会員限定ではなく、全国どの地域からも、法人・個人事業主でもどなたでもご参加いただけます。研修の受講者は、会社の代表者・経営者に限らず、従業員の方でしたらどなたでも、会社を代表して受講していただくことが可能です。

CTR IMG