ホーム 自動車リサイクル

自動車リサイクル

自動車リサイクルの話題。自動車は廃車になっても宝の塊。最新の自動車リサイクル情報や業界の動向や問題点。廃棄処理業者の直面する課題など、最近は海外への中古自動車輸出が多くなっている話題など

NGPキャンペーン

NGPが30周年ありがとうキャンペーンを実施!

自動車リサイクル部品販売団体大手のNGP日本自動車リサイクル事業協同組合(佐藤幸雄理事長)は、同組合の創立30周年を記念して、自動車修理事業者に向けたキャンペーンを実施します。 同組合が30周年...
リサイクル

お客さまへリサイクルパーツ を勧める

リサイクルパーツの利点は値段であったり、絶版品を購入出来る点であったりと、様々です。新品に比べて利益率が高いのもポイントですが、残念ながら在庫が必ずあるわけでもない、というリスクもあります。それと同時...
リサイクル

リサイクルパーツは信頼できる業者で買いましょう

リサイクルパーツを買う判断基準の統計を見ると、価格、電話対応、速さ、クレーム時の柔軟な対応力などが挙げられる。この中でも特に価格面に関しては最近シビアになってきていると思う。リアゲートや高年式のパネル...
自動車リサイクル

ルールを守ってリサイクルをしましょう

久々のリサイクルのページでは昨今問題になっているリサイクル関連の話題に触れていこうと思う。自動車リサイクルという言葉は11年前に施行された自動車リサイクル法から自動車整備業界の中にも浸透してきたと思う...
エアバッグ処理

ハーフカット車台のエアバック未処理に注意喚起

自動車のフロン類、エアバッグ類のリサイクルを円滑に行うための推進をしている自動車再資源化協力機構(自再協)は、2015年度の車上作動処理監査において、ハーフカット車台のエアバック類未処理が散見されたと...
引取業者

自動車リサイクル 引取業者に関するQ&A

■引取業者の登録は、どの様な業務を行うときに必要か 整備事業者の場合であれば、故障車や事故車が持ち込まれたときなど、所有者から「廃車処理」の依頼を受ける時に、「引取業者」の登録を受ける必要があります...
発炎筒発火事故

発炎筒が残置されている場合、引取拒否が可能に

環境省は、6月30日に使用済自動車の再資源化等に関する法律施行規則の一部を改正する省令を公布及び施行。破砕業者が解体業者等からの解体自動車の引取りを拒める正当な理由として、解体自動車に発炎筒が残置され...
月刊自動車リサイクル2016年3月号

PR 月刊自動車リサイクル3月号発行のお知らせ

自動車リサイクル業界で唯一の月刊誌として発行している「月刊自動車リサイクル」の3月号を発行いたしました。 今月の特集は東海地方のリサイクル関連業者を紹介。各地方で特色ある会社をピックアップ。東海...
リサイクル部品買い方 外装パーツ

外装パーツを買う時の注意点 自動車リサイクル部品

賢いリサイクルパーツの買い方 外装パーツを買う時の注意点 リサイクルパーツの中で一番注文が多いのは外装と言われています。単純に点数が多いというのもありますが、機能部品に比べて、壊れる(ぶつける)頻...
NGP第11回通常総会

NGP日本自動車リサイクル事業協同組合第11回通常総会

第11回通常総会・第29回懇親会特集 グループ創立から29年、協同組合としては12年目を迎えた、リサイクル部品販売団体の大手であるNGP日本自動車リサイクル事業協同組合。今回の通常総会では、悲願であ...
賢い社外新品の買い方

社外新品について 賢いリサイクルパーツの買い方

■ 安かろう、悪かろう、社外新品はそんなに悪くない! もっと活用しましょう! 「社外新品はモノが悪い」などと、10 年以上前はよく聞いた話だと思う。 主にフェンダーやバンパー、ボンネットなどは、ツ...
リサイクルパーツ

新品を超える社外新品

賢いリサイクルパーツの買い方 新品を超える社外新品 ■ 安心・品質・納期、新品との違いを理解してリサイクルパーツを紹介する 部品を換える際、何故その部品を交換するかという背景を考えているだろうか...
リサイクルパーツエンジン

リサイクルパーツと上手に付き合う

賢いリサイクルパーツの買い方 今月から新連載で始める本コーナー「賢いリサイクルパーツの買い方」だが、文字通り、リサイクルパーツを上手に買うための方法をお教えしようと思う。 といっても具体的には...
リサイクル

NGP日本自動車リサイクル事業協同組合第10回通常総会・第2...

自動車リサイクルを取り巻く状況は、使用済み自動車の輸出増加、オークションへの流出などによる仕入競争の激化、自動車保険料率制度改定を受けての損害保険会社の環境変化、修理業者の事故車入庫状況の動向変化など...
NEWS情報

株式会社SPN と株式会社エコラインが統合 株式会社JARA...

株式会社SPN(本社:東京都中央区、北島宗尚社長、以下SPN)と株式会社エコライン(本社:名古屋市中村区、今原克典社長、以下エコライン)は、これまでシステムで連携し、「リサイクル部品販売相互流通取引」...
NGP日本自動車リサイクル事業協同組合

NGP日本自動車リサイクル事業協同組合第9回総会・第27回懇...

自動車リサイクル部品流通団体の最大手であるNGP日本自動車リサイクル事業協同組合は協同組合化後、10年目を迎えた。 第9期は同組合の命、部品取車両の確保がますます厳しい状況で、部品の生産金額目標50...
リサイクル

自動車リサイクルの話題 KMI

岐阜県養老にてリサイクルパーツや使用済み車の引き上げと、一般ユーザー向けにもタイヤショップを展開する有限会社カーパーツコンドウ。「ともに納車する」の精神でリサイクルパーツの販売に励む同社は、売れ筋車種...
イベント・セミナー

SPNが第1回全国梱包大会を開催!

自動車リサイクル部品販売団体のSPN(会長 栗原裕之)が、去る9月13日(金)に自動車部品の梱包の速さや丁寧さ、美しさ等の技術を競う第1回SPN全国梱包大会を開催した。 本大会では、4つの地区ブロッ...
自動車リサイクル

一人一人が変わらなければ会社は変わらない

自動車リサイクルのページ 株式会社ケーエー車輌 道央自動車道の北広島インターのほど近く、周囲には多くのゴルフ場や自衛隊の演習場がある北広島市で、レッカー業から廃車引取・ 解体・破砕、リサイクル部...
リサイクルの話題

外車部品ならここで決まり!

外車の部品ならここで決まり! 大量在庫で即納体制も整っている日本外車部品株式会社の実態に迫る! 外車の新品部品に強く系列会社に電装品リビルトメーカーを持ち、診断機(スキャンツール)の販売にも特化し...

おすすめ記事

アクセスランキング

空研 エアサンダー下取りセール

エアーツールでおなじみの㈱空研(中川禎之社長)では、8月31日まで、エアーサンダーの下取りセールを開催している。期間中、対象のサンダー及びポリッシャーを購入の際、手持ちのエアーツール及び電動ツール全般...

講習会情報

2017年8月19日土曜 有償運送許可講習開催

次回の有償運送許可講習は2017年8月19日土曜日に開催いたします。 参加希望者はどなたでもご参加可能です。 日時:8月19日土曜日 13時~17時30分 受講料:15,000円(税...