CATEGORY

故障診断整備のススメ

自動車整備は、故障した車を修理するだけでなく、未然に故障を防ぐことが重要。自動車整備で欠かせなくなったスキャンツールの使用・活用方法をご紹介。入庫した全ての車にスキャンツールで診断整備を心がけ、収益確保に

  • 2017年5月1日

始動系統の診断について

始動系統以外(本体や点火等)は考えないものとするならば、始動系統の故障にはエンジンがかからない(クランキングしない)ものとかかりにくい(クランキングが遅い)ものがあります。始動系統を診断する場合、スキャンツールの出番はありません。何故ならスターターモ […]

  • 2017年4月15日
  • 2017年4月14日

診断のキホンは勉強である

長く「故障診断整備のススメ」を執筆してきましたが、今さらながら今回はスキャンツールの基本について触れてみたいと思います。 スキャンツールはズバリ「故障コードを読み取る道具」です。内包する問題を故障コードという形で明確化することが出来ます。その故障コー […]

  • 2017年3月29日
  • 2017年7月3日

今後の整備業界を見る

ここ数年、車両の電子化に対応すべくスキャンツールを使った整備記事を書いてきました。車もHybrid車の普及や自動ブレーキ・誤発進抑制装置等の電子デバイスの搭載が拡大し、車両の変化は我々の想像を遥かに超えるスピードで進んでいます。自動運転のテストも進み […]

  • 2017年1月27日

数値化の重要性と測定作業

故障の原因探求には必ず勘が必要 勘とは理論に基づいた想像力のこと  勘という言葉があります。誰でも想像で考えること(ここかな? これが怪しいな?)を行っていると思います。これに理論的な裏付けを行うとなると、そのシステム全体を理解して数値で判断する必要 […]

  • 2016年12月6日
  • 2017年1月6日

クリーンディーゼルについて

輸入車で最近増えている最新ディーゼルシステムについて解説します。国産車ではマツダのCX-5やデミオに採用されているスカイアクティブDが有名です。 現在のクリーンディーゼルはその名の通り、大昔のディーゼルとは異なり黒煙は全く出ません。 その理由は燃料の […]

  • 2016年10月26日
  • 2016年10月26日

ハイブリッドシステムの概要  その2

前回、ハイブリッド車の概要を解説しましたが、今回は更に具体的な内容を説明していきます。 ハイブリッド車はトヨタをはじめ、ホンダ、日産、外車メーカーなどが販売しています。現在では500万台強が日本全国で走っている統計が出ています。代表的なトヨタのシステ […]

  • 2016年10月25日
  • 2016年10月25日

ハイブリッドシステム概要と整備モード移行方法

整備工場における故障診断整備のススメ 今回はトヨタのプリウス、アクアに代表されるハイブリッド車について解説したいと思います。 ハイブリッドシステムにはシリーズ式、パラレル式、シリーズ・パラレル式が存在します。ハイブリッド車というだけで尻込みしてしまう […]

  • 2016年7月29日
  • 2016年8月1日

カーエアコンのトラブル代表事例10

自動車整備工場における故障診断整備のススメ ■ エアコンのトラブル事例 先月号ではエアコンシステムの概要を説明しました。構成部品の概要を今一度確認いただけたと思います。さて、今月はエアコンにまつわるトラブル事例を解説したいと思います。 ■ 代表的なト […]

  • 2016年6月29日

2分でわかる!クルマのエアコンについて

エアコンシステムの概要 エアコンコンプレッサーの交換やクーラーサイクルの洗浄といったサービスは夏場には欠かせません。前回、ASC751を活用したエアコンサービスを実施することで顧客満足度の向上はもちろんのこと、高利益ベースのサービスが自社の基盤となる […]

  • 2016年5月27日
  • 2016年6月29日

自動車整備業の今後とエアコンビジネス

ここ数年、ハイブリッド車の新車販売台数が著しく増えていますが、皆さんの工場ではハイブリッド車の入庫が増えているでしょうか。平成22年のデータではハイブリッド車の保有台数は97万台ですが、昨年の保有台数は400万台を超える勢いを見せています。全体の保有 […]

 data-src=有償運送許可研修を毎月開催" width="650" height="178" >

有償運送許可研修を毎月開催

せいび広報社では毎月、事故車故障車等の排除業務に係る有償運送許可の研修会を実施しています。会員限定ではなく、全国どの地域からも、法人・個人事業主でもどなたでもご参加いただけます。研修の受講者は、会社の代表者・経営者に限らず、従業員の方でしたらどなたでも、会社を代表して受講していただくことが可能です。

CTR IMG