榮自動車工業所 ベースシステムユーザーリポート61

榮自動車工業所

匠の技が光る下町の老舗・半世紀を
地元と共に生きる

東京都足立区梅田、東京の下町情緒が溢れる住宅街の一角に今回お邪魔する榮自動車工業所はある。創業55年の歴史を持ち、現在では一般整備、車検、車販、鈑金そして保険までも自社で行う。創業時は鈑金塗装を主体としており、整備は社内外注という形を取っていた。

「昔はディーラーの下請けを受けていたのですが、内製化が進み、目減りしていきました。それに呼応するかのように、法人のお客さまも減っていきました。栄枯盛衰はどの会社にもあると思いますが、一時は40名を超える社員が社内にいたことを覚えています。現在ではメカニック3名、鈑金1名、事務2名と私の計7名となっております。地元のお客さまに支えられており、同業者には鈑金塗装の下請け先としても重宝されています。

私自身の仕事は一言でいうと『全部』ですが、元々がメカニック上がりですので、メカニックや鈑金塗装などにも指示命令を出します。ですが、基本的には現場に任せ、仕事を頂いてくるのがメインの仕事だと考えております。私が現場に入ってしまうと社員もプレッシャーを感じますから」と渋谷哲彦社長。

ディーラーで修行を積み、父親の経営する榮自動車工業所へ入社した渋谷社長。入社時には整備の技術、知識を存分に活かし、これまで社内外注だった整備を内製化した。現在は仕事の切り盛りを社長が務め、作業は現場に任せるという信頼関係が光る。

クルマに対する不安をどう見るか

「今後、ハイブリッドカーが増えていくことは当然です。そうなると整備や点検する項目も減り、整備工賃等も減ってしまいます。それに対応するために勉強や技術の習得も必要です。当たり前のことなのですが、これから先、どうやって生き残っていくかをしっかりと考えなければいけませんし、仕事も効率良くやらなければいけませんし、お客さま一人ひとり大切にしていく必要があります」と、1人の経営者として危機感を抱く渋谷社長は、整備振興会の支部長を務めるなど、足立支部の顔役でもある。

1人分以上の仕事をするMOTORJIM

そんな忙しい身をフォローするのがMOTORJIMである。
「実はベースシステムとは20年来のお付き合いをしていまして、システムのバージョンアップも今回で4回目になります。システムを上手に使えば本当に一人分以上の働きをしますので、効率の良い仕事が出来、とても助かっています。助かるといえば、ベースシステムの対応、レスポンスの早さにはいつも助かっています。何か欲しい時、システム上で分からない時などもすぐに対応してくれるので、MOTORJIM共々頼っています」と渋谷社長。

個人客70%:法人客30%という顧客比率の榮自動車の顧客対応を陰から支えるMOTORJIM。使い勝手の良さをしみじみと語る渋谷社長は人一人分以上の仕事をすると導入時から惚れ込んでいる。

会 社 名:榮自動車工業所
代 表 者:渋谷 哲彦
所 在 地:東京都足立区梅田4丁目39番21号
電  話:03-3887-7467
F A X:03-3887-3185
定 休 日:日曜・祝日・第二土曜日
U R L:http://takumi-no-waza.com/company/sakaeaut/
資格・営業品目:関東運輸支局認証工場・新車・中古車販売
車検・一般整備・鈑金塗装・損害保険

ベースシステムはこちら >