ホイールリペアショップ社長インタビュー前編

ホイールリペア女性社長

隣の芝生は何色だ? 特別編

好きが高じて提供するサービスで支持頂けるのは本当に嬉しい

吉森梨香 × 三好高史

東京都世田谷区の閑静な住宅街にあるArt Muse の吉森梨香代表は自ら現場に立つ職人であり、美装業界でも珍しい女性社長です。創業は5 年前と後発でありながらも、順調に業績を伸ばしています。
今回の「隣の芝生」は吉森社長と対談形式で進めていまいりたいと思います。

三好 本日はよろしくお願いします。早速なのですが、何故この仕事を始めようと考えたのですか?

吉森 よろしくお願いします。実は、BS テレビでホイール修正を見て『おもしろい』と思ったのがきっかけです。

三好 失礼ですが、女性でしかも自分で技術職として働くことに抵抗はなかったのですか。

吉森 『こんなことが出来るんだ』というのが大きかったので、抵抗はなかったです。それに、家族も応援してくれたこと、そして女性職人というのを誰もやっていなかったので、ビジネスチャンスだと思って創業しました。

三好 ホイールリペアの技術というのは、どのように習得されたのですか。

吉森 私が加盟しているトータルリペアの研修センターに半年間ほど通いました。最初は塗料のふたを開けることも出来ないし、エアホースを取り付けるのも大変でした。ですが、前職でネイリストをやっていたこともあり、面出しといった作業には慣れていたので、飲み込みは早かったと思います。創業するまでに掛かった期間は半年で、最初はディーラーや車販店などに営業へ行きました。

三好 なるほど、きれいにするという点で共通することがありますからね。ビジネスチャンスと捉える点も素晴らしいと思います。営業に関しても全くの異業種からだったと思いますが、こちらについてはいかがですか。

吉森 実は学生の頃に自動車整備業者でアルバイトをした経験があり、車検ラインなどを通したこともありました。そんな経験もあってか、ディーラーなどへ行くのはそんなに苦ではありませんでした。ですが、女性の営業マンということもあってか、風当たりは決してよくありませんでした。現在私を含めて2名で仕事を回していますが、もう1人が営業に向いていると思い、作業は私が担当することになりました。

三好 なるほど、役割分担をされているのですね。現在ホームページに掲載されているブログを拝見しますと、実際の作業風景も出ていますからね。こちらを拝見しますと、地域柄が出ているのか高級車が目立ちますが、法人客の方が多いのですか。

吉森 当初は法人を攻めていく予定でしたが、ブログに高級車を掲載し始めてから口コミで広がりました。現在は個人のお客さまが割合的には多いです。しかし、軌道に乗るまでが大変で、最初の3ヵ月間はほとんど仕事が取れませんでした。次第に予約も増えてきて、現在のようなお客さまに恵まれるようになりました。

三好 当初はやはり苦労されたのですね。吉森社長自身が作業されるということに、お客さまが驚かれることもあるのではないですか。

吉森 それに関しては狙い通りですね。良くも悪くもお客さまは興味を惹いていただけますし、リピーターとしても来ていただけます。好きでやっているのが高じてお客さまからも支持いただけるのは本当に嬉しいです。

三好 素晴らしいですね。ところで、法人客でもある自動車整備工場に対して、ホイールリペアを始めるに当たり、アドバイスをいただければと思うのですが……。

後編はこちら

株式会社Art Muse
代表取締役 古森 梨香

所  在 東京都世田谷区砧4-19-6
電  話 080-8426-0969
営業時間 9:00 ~ 19:00
定 休 日 不定休
車のホイール修理、車のシート補修
レザーシートクリーニング
家庭のクッション・ソファーなどの補修
車のコーティング、ヘッドライトリペア