夢感動工場第26回講演カーベル 伊藤一正氏

2016年3月4日

車検< 社検

~繁盛店になる為に絶対必要な車屋さん経営12 項目とは~

株式会社カーベル
代表取締役 伊藤一正氏

車検を強化するのはもっともなことなのですが、それ以上に社検、会社の点検・検査がなぜ必要なのかといいますと、会社には法定点検はないからです。会社の経営方針が正しいかどうか、経営基盤が大丈夫かどうかを点検・検査しなさいという法律はありません。あるのは納税義務だけ。ないからこそ、社長と社員がみんなで意識してやらないと、なかなか厳しい時代なのでしんどいですよね。車の点検・検査にもその手前に法定12 ヶ月点検があるのと同様に、会社の点検・検査にも車屋さん独自の経営12項目点検が、ないよりあった方がいいですねということです。

永続する会社というのは、会社が長続きするために必要な要素がきれいに揃っています。しかし、ほとんどの会社は社長のパワーで持っているので、会社が永続するために必要な要素が不足していたり、欠けていたりします。何か1個が続いているので会社が持っているだけで、その1個が他の会社に持っていかれるとガタガタといってしまいます。

では必要な要素が揃った会社を作るための12項目とは何か? ただし、いきなり12項目は暗記できません。ですから、大きく3つに分けて考えます。代表的な3要素が商品力、営業力、管理力です。商品力とは0から1をつくる力で、ここが実は社長の力です。その1から10に広げるのが営業力です。ここで売上が変わります。私も皆さんもあまりタッチしていないのが、管理力、10から1を残す力です。この3つを細分化していくと、次の12項目になります。商品力はミッション、ポジショニング、商品力、ブランド化、営業力は集客力、見込み客フォロー、セールス、ファン化、管理力は経理・財務、人材・チーム創り、仕組み化、投資とリスクです。<一部抜粋>

PR