ホリデー車検店舗レポート有限会社フジマキ

フジマキ

SS、ディーラー、BP そして洗車
相互リンクでホリデー車検を集客!

ホリデー車検大町 有限会社フジマキ( 長野県大町市)

田舎だからこそファンを増やして自社を強くする!

長野県大町市の国道沿いにあるセルフSS店の奥に㈲フジマキは店舗を構える。同社は昭和42年に燃料販売店として産声を上げ今日に至る。燃料業界が衰退していく中で年々成長を続けている訳は、平成14年にホリデー車検を導入したことが大きな要因となっている。

与えられた条件で最高を

「SS店を営みながら平成12年には認証工場となり、その2年後にホリデーの提案を受けました。『立会い車検ならいける』と直感めいたものを強く感じましたので、導入に不安はありませんでした。立ち上げ当初は本部からの援助もあって非常に助かりました。現在では年間1,700台の車検を行っております。以前の認証工場では多くても月間60台から80台でしたので、伸びとしては倍近く車検が増えたことになります」と藤巻社長の語る声は明るい。それもそのはず、ホリデーとSSの相乗効果を最大限利用しているからである。

『車が無いと生活できない』という地方ならではの特性をSSでカバーしながら車検入庫はホリデーでしっかり押さえる。
そしてその台数の多さがダイハツディーラーの目にとまり、現在ではサブディーラーとして年間100台強の車販も行っている。当然車を販売したお客さまからの車検の入庫があるのは言うまでもない。SS、車検整備、自動車販売と複合的な相乗効果で収益を上げている。

車検のフックは多種多様、それを可能にさせたホリデー車検

ダイハツディーラー、SS、そしてホリデー車検と同社を支える柱は多数あり、それら全てが全ての商材とリンクしている。例えば洗車場や板金、レンタカーといった商材も持っており、新聞販売を展開しているところも顧客との接点を増やす材料として貢献している。そうして集めた顧客をホリデー車検で対応することで、クレームも少なく顧客からは納得の内容で車検受注を受けることが出来る。

「私自身、整備のことはあまり知らない状態でホリデーを始めました。自分ひとりでこの効率的な仕組みを考えることはできませんでしたので、ホリデーのノウハウと本部からの適切なフォローに助けられました。お客さま立会いで車を見ていただき、納得と充実感そして安心感から自社のファンになっていただく。そこから様々な商材(車販や洗車、レンタカーなど)で繋がりができ、お客さまと長く濃いお付き合いができるようになりました。価格や速さも大切ですがそれ以上のものがホリデー車検で得られたと考えております」と藤巻社長。ホリデー車検と自社の強みをしっかりと融合させてさらなる創客に繋げている。