資源マーケット情報

資源マーケット情報

再生資源市場

鉄スクラップ市場

 鉄スクラップの3月市場は、内外において価格は上昇局面が続く状況となった。月末には反落の動きも見られ天井感が出てきている。

 東京製鉄では、3月2日より、全工場でトン当たり500円の炉前購入価格の値上げがあり、田原工場は海上・陸上特級とも3万3,500円、岡山工場は海上・陸上特級とも3万1,500円、九州工場は海上・陸上特級とも3万4,000円、宇都宮工場は陸上特級3万4,500円、高松鉄鋼センターは海上・陸上特級とも2万9,500円とした。

 その後については、3月6日より、全工場でトン当たり500円の炉前購入価格の値上げがあり、田原工場は海上・陸上特級とも3万4,000円、岡山工場は海上・陸上特級とも3万2,000円、九州工場は海上・陸上特級とも3万4,500円、宇都宮工場は陸上特級3万5,000円、高松鉄鋼センターは海上・陸上特級とも3万円とした。

 さらに3月9日からは、宇都宮を除く4工場でトン当たり500円の炉前購入価格の値上げがあり、田原工場は海上・陸上特級とも3万4,500円、岡山工場は海上・陸上特級とも3万2,500円、九州工場は海上・陸上特級とも3万5,000円、高松鉄鋼センターは海上・陸上特級とも3万500円とした。

 この後も炉前価格は、3月13日より3工場で500円値上げ、田原工場は海上・陸上特級とも3万5,000円、岡山工場は海上・陸上特級とも3万3,000円、高松鉄鋼センターは海上・陸上特級とも3万1,000円とした。

 3月20日より2工場で500円値上げ、岡山工場は海上・陸上特級とも3万3,500円、高松鉄鋼センターは海上・陸上特級とも3万1,500円とした。

 3月28日より高松鉄鋼センターでは、トン当たり500円値上げして海上・陸上とも特級3万2,000円としたのに対して、宇都宮工場は500円値下げで陸上特級3万4,500円としている。

 アジア向けの鉄スクラップ輸出船積みルートについてみると、関東鉄源協同組合の3月12日の輸出テンダーでは、落札価格は前月比2,155円値上がりの3万4,010円としている。

 鉄スクラップの国際マーケットにおいても、米国スクラップのアジア向け輸出市況も上昇となり、日本からの輸出もベトナム、台湾向けを中心として上昇した。鉄鉱石価格も高止まりとなった。

 

粗鋼生産

 2月の全国の粗鋼生産は774万3,400トンで前年同月比6.6%減少となり、前年同月比では6ヵ月連続の減少となっている。粗鋼生産を炉別にみると、転炉鋼は567万2,200トンで前年同月比9.2%減少となり6ヵ月連続の減少、電炉鋼は207万1,200トンで同比1.1%増加となり2ヵ月ぶりの増加となっている。

 電炉の主力製品である小形棒鋼の生産は68万7,200トンで前年同月比4.5%増加、H形鋼は32万7,500トンで同比横ばいとなった。東京製鉄は4月の鋼材の販売価格は全品種で据え置きとなっている。

 2月の世界の粗鋼生産は1億3,727万4,000トンで前年同月比4.1%増加となり、中国は7,098万8,000トンで同比9.2%増加となっている。

 

非鉄金属

 非鉄金属については、3月の銅地金価格は軟化の局面となっている。3月11日からは1万円下げて76万円、さらに3月26日より2万円下げて74万円とした。

 海外市場では、米中の貿易問題にも不透明感が出てきており、海外市況は下げ局面となっている。

 

1、価格動向

鉄スクラップ

  2018年4月ボトム 2018年8月ピーク
東京製鉄 33,000円 (4/12) 38,000円 (8/24)
関鉄源輸出 32,979円 (4/11) 34,860円 (8/9)
  2018年12月 2019年1月 2019年2月 2019年3月
東京製鉄 31,500円 (12/7) 31,000円 (1/8) 34,000円 (2/28) 34,500円 (3/28)
関鉄源輸出 29,478円 (12/11) 28,775円 (1/11) 31,855円 (2/13) 34,010円 (3/12)

 

  2018年4月ボトム 2018年8月ピーク
LME銅 6,987ドル (4/25) 6,118ドル (8/28)
国内銅 80万円 (4/25) 72万円 (8/28)
  2018年12月 2019年1月 2019年2月 2019年3月
LME銅 5,931.5ドル (12/25) 5,901ドル (1/25) 6,546ドル (2/26) 6,328ドル (3/26)
国内銅 70万円 (12/26) 71万円 (1/28) 77万円 (2/26) 74万円 (3/26)

 

2、鉄鋼

粗鋼生産計 774万3,400トン (前年比 6.6%減)
転炉鋼 567万2,200トン (前年比 9.2%減)
電炉鋼 207万1,200トン (前年比 1.1%増)
小形棒鋼 68万7,200トン (前年比 4.5%増)
H形棒鋼 32万7,500トン (前年比 横ばい)

 

2月新設住宅着工戸数 7万1,966戸 (前年比 4.2%増)

 

粗鋼世界計 1億3,727万4,000トン (前年比 4.1%増)
中 国 7,098万8,000トン (前年比 9.2%増)
韓 国 547万1,000トン (前年比 1.1%増)
台 湾 181万5,000トン (前年比 22.5%増)
トルコ 263万5,000トン (前年比 12.5%減)
アメリカ 689万6,000トン (前年比 4.6%増)

 

3、電炉製品

  東京製鉄(3/18)
異形棒鋼(D13~25) 69,000円 (前月比 横ばい)
 H形鋼(中巾) 89,000~99,000円 (前月比 横ばい)