2019年5月の抹消登録台数

抹消登録台数

 2019年の5月の各抹消台数は、変動幅、増減傾向すべてにおいて三者三様という結果に終わった。中でも対前年・対前月の増減傾向が一致したのが永久抹消及び一時抹消で、それぞれ対前年はマイナス、対前月はプラスとなった。

 ただし、増減幅はまちまちで、対前年は永久抹消がマイナス4.1%、一時抹消はマイナス0.9%、対前月は永久抹消がプラス27.6%、一時抹消がプラス3.9%と、一致したのが増減傾向のみというのがよく分かる。

 一方で唯一、対前年・対前月共にプラス、それも2桁増となったのが輸出抹消で、対前年がプラス11.5%、対前月がプラス32.9%と、特に対前月の伸びが大きかった。

 項目によっては対前年がマイナスになっていたものの、累計では3項目とも相変わらず前年超えを続けている。輸出抹消、永久抹消がここまで2桁前後の増加となっており、やはり国内の自動車アフターマーケットが空洞化がじわりと進んでいるようだ。

  西暦 1月 前年比 2月 前年比 3月 前年比 4~3月 前年比
輸出抹消 2018 166,726 96.3 74,773 118.3 100,139 71.4 1,339,991 102.4
2019 170,605 102.3 87,392 116.9 108,040 107.9 1,423,539 106.2
永久抹消 2018 14,618 96.2 33,034 183.8 37,858 97.8 222,859 107.0
2019 50,564 345.9 16,947 51.3 28,662 75.7 228,642 102.6
一時抹消 2018 266,307 97.8 332,161 99.0 647,038 96.4 4,039,424 102.4
2019 283,252 106.4 343,686 103.5 637,125 98.5 4,160,115 103.0

 

  西暦 4月 前年比 5月 前年比 6月 前年比 1~6月 前年比
輸出抹消 2018 100,963 148.5 141,343 95.1 91,641 101.7 675,585 98.8
2019 118,530 117.4 157,563 111.5        
永久抹消 2018 10,768 95.3 14,089 98.9 13,980 90.8 124,347 110.2
2019 10,596 98.4 13,517 95.9        
一時抹消 2018 311,472 103.1 334,413 106.7 312,724 97.1 2,204,115 99.5
2019 318,813 102.4 331,260 99.1        

 

  西暦 7月 前年比 8月 前年比 9月 前年比 4~9月 前年比
輸出抹消 2018 147,370 99.6 119,786 102.9 91,316 112.2 692,419 106.1
2019                
永久抹消 2018 14,653 99.3 15,439 101.1 14,097 89.8 83,026 95.8
2019                
一時抹消 2018 325,250 105.3 296,629 102.0 294,808 96.1 1,875,296 101.7
2019                

 

  西暦 10月 前年比 11月 前年比 12月 前年比 1~12月 前年比
輸出抹消 2018 155,622 102.2 105,319 112.9 104,142 103.8 1,399,140 101.8
2019             642,130 110.0
永久抹消 2018 18,245 103.0 15,659 96.0 15,539 93.2 217,979 104.2
2019             120,286 109.0
一時抹消 2018 371,821 110.0 333,623 108.5 315,312 103.6 4,141,558 101.7
2019             1,914,136 101.2

※本年の1~12月(最下段右から2列目)は5月までの累計台数で、前年比は当該累計台数の前年同期比となっている。

(出典:自販連)