レプソル・モーターオイル

レプソルオイル

モータースポーツで実証された信頼性の高さ

油田の探査からオイルの生産までを
一環して手がける総合エネルギー企業

レプソルは、世界11 ヵ国に良質なオイルガス油田を持つ、総合石油企業である。単に原油を精製するだけでなく、その探査・採掘からガソリンをはじめとする石油製品の生産、輸送までを一貫して手がけ、国際的に最高水  準のテクノロジーセンターも保有しており、総合エネルギー企業と呼んでも差し支えないほどである。

モーターシーンを中心に支持される
ヨーロッパを代表するブランドオイル

一貫した生産体制を取っているということは、それだけ行き届いたクオリティコントロールが可能であることも意味しており、レプソルオイルは良質なベースオイルと、高い技術力に裏付けされた高品質で知られている。

その結果、自身の所属する欧州車メーカーに支持されているのはもちろん、40年以上に亘って、F1やWRC/WTCC、2輪の最高峰であるモトGPなど、様々なレース活動でベストなドライバーとチームに支持され、サポートから培われた経験を欧州最大規模の研究センターで商品開発にフィードバックしている。

4輪用モーターオイル「ELITE」
ラインナップは豊富な13種類

以上のように高品質で知られるレプソルオイルの中でも、4輪用のモーターオイルが「ELITE(エリート)」シリーズである。全部で13つのラインナップがある。これだけの数があると、「いったいどれを選べばいいのか?」という声が聞こえてきそうだ。

このため、輸入元の錦之堂では5つのテーマに沿って分類している。まず、すべてのエンジンに万能なオイルとして「STANDARD」に選んだのは、「エリート・コンペティション」「エリート・マルチバルブ」「エリート・ブリオ10W30」の3つ。

欧州のスタンダード・エコとも言われる「LONGLIFE」に選んだのが「エリート・エボリューション」「エリート・ロングライフ」である。

今どきの省燃費エンジンの性能をフルに発揮させる「ECO」に選んだのが「エリート・ブラド0W20」「エリート・ブラド5W20」「エリート・ブリオ5W30」である。

多走行車にもオススメの優れた基本性能を持つ「SERVICE」に選んだのは、「エリート・インジェクション10W40」「エリート・インジェクション15W40」「エリート・ネオ10W30」「エリート・ネオ15W50」である。 最後はディーゼルエンジン用の「DESEL OIL」こと「エリート・TDI DL-1」である。