電子化対応テクニカルコールセンター開設

日本自動車補修溶接協会

電子化対応テクニカルコールセンター開設

日本自動車補修溶接協会

自動車の補修溶接における信頼性の確保を目的に活動している、一般社団法人日本自動車補修溶接協会(吉野 一代表理事)は、先進安全技術搭載車両(ASV)の普及が急速に進んでいることから、車体整備事業者での電子整備の現場をサポートするために、1級整備士が電話で対応するテクニカルコールセンターを8月3日に開設し、これに伴い「テクニカルコールセンター会員」の募集を開始した。

昨今の車両には、高度なセンサー類が装着されており、ECUやセンサー類の保護、誤動作防止のため、電気溶接の前には必ずバッテリーターミナルを外すことが常識となっている。その際にダイアコードが入るため、それが修理前からのものかを判断するべく、スキャンツールによるチェックが欠かせない。その際の相談窓口を設けた形になる。

(一社)日本自動車補修溶接協会
東京都千代田区神田佐久間町4-6 斎田ビル5F
TEL 03-5829-4811
http://jarwa.or.jp