ヘッドライト再生最新技術 ドリームコート

 ヘッドライトの黄ばみやくすみが発生してしまってどうしようと悩んでいる方は多い。

 平均的なクルマの使用期間も延びており、クルマを安全に安心して長く愛用するためにはあらゆる部分でメンテナンス必要だ。ヘッドライトの表面レンズが劣化すると美観を損ねるだけではなく、夜間走行時の視界不良によって、予期せぬ危険に遭遇するかもしれない。

 さらに、ヘッドライトがくすんで十分な光量が確保できなくて車検が通らなかったというユーザーもいることだろう。

 そうしたヘッドライトの黄ばみやくすみに対する悩みを解決解決する商材が、株式会社AVARTH(アヴァルト)が取り扱っているDREAM COART(ドリームコート)だ。

ドリームコート施工

 ドリームコートは、ヘッドライト専用の特殊溶剤(コーティング剤)にて、ポリカーボネートの表面を溶解し、かつ特殊なコーティング剤を定着させる。

 ヘッドライトのスチームコーティングは、現在、多くの注目を集めているが、日本で5年ほど前からスタートしている老舗のブランドになる。

 特徴としては、ヘッドライトのキズ、黄ばみ、クラック、くすみといったものをほぼ新品のような状態に修復した上で、コーティングする画期的な商品になっている。3ヶ月や半年経つとまたくすんできてしまうという今までのコーティング剤とは違い、使用環境によるが耐久性が2~3年はあり、同社が行った実証試験においては、きれいな環境下で使用しているユーザーでは4年~5年の耐久性が実証されている。

 ヘッドライトの表面を溶解するのと同時にコーティングも施工されるので、表面の硬さも十分に確保され、擦り傷などからも保護することができる。施工の行い易さも売りで、整備工場や新車ディーラー、中古車販売店、ディテイリング業界など工場で全国800社ほどが導入している。

 日本人のクルマに対する意識は特殊で、ヘッドライトが黄ばんできたからクルマを買い換えようかという考えに及ぶ方も多い。ヘッドライトを取り替えればいい話なのだが、そうした選択肢はない。しかし、愛着のあるクルマのヘッドライトが新品同等に戻せるなら乗り続けたいと思うかもしれない。日本国内では、まだまだ発展途上で、業者から導入したいという声よりも、一般ユーザーから直してほしいという問い合わせの方が圧倒的に多いという特殊な商材になっている。

 結局のところ、ヘッドライトがくすんだままだと視認性や安全上の問題に及ぶので、一番のアピールポイントとしては美観の回復ではなく、安全の確保だろう。多くのユーザーが求める商材であり、これからますます需要が伸び注目のサービスになるだろう。

PR