価格競争より体験を売れ

ライブ

いま、音楽業界で面白い現象が起きています。CDを買う人はいなくなり、音源が売れずに売上は激減しているのですが、あるものだけは売れているのです。ご存知ですか?それは…「ライブ」です。

音楽業界は、CDなどのデジタルコンテンツの売上よりも、ライブにまつわる売上の方が大きくなりつつあります。夏にはフェスと呼ばれる音楽イベントが各地で行われています。実は今、ライブやフェスによる収入が、CDの売上を既に超えているそうです。

音楽を聞くためには、人はお金を払わなくなったけれど、ライブにはお金を払うということなのです。インターネットのおかげで、音楽のようなデジタルデータや情報は、安価(な定額)で手に入ります。しかしこれから多くの人が気づくと思いますが、世界を変えると言われたインターネットは、リアルの体験を超えることができないのです。
いくら、高画質な4Kテレビで花火大会を見ても、実際に花火会場で見る打ち上げ花火や屋台の雰囲気には絶対にかないません。インターネットが発達した今、デジタルデータに価値はなくなり、人は体験やサービスにしかお金を払わなくなる時代がやってくるのです。

整備工場が提供している整備という商品は、誤解を恐れずに言うと、誰でもできる画一化された商品です。だからこそ、価格競争になるのですが、それを回避する方法が1つだけあります。それが、あなたのお店で提供するサービスであり、体験なのです。あなたの店に行ってみたい、あなたに会いたい、と思ってもらう人を増やすことが、これからの時代に求められる付加価値なのです。

時代は確実に変化をしていて、今までの効率化や価格競争ではもう勝てない時代になっているのです。人間性を出して、自分と同じ価値観を持つコミュニティを作ること。あなた自身が小さな名物社長となり、情報を発信して、接客やアフターフォローなどのサービスをしっかり行い、商品ではなくサービスで差別化を図ること。これが、これからの時代に求められる方法です。

「なんだか面倒くさそう」「効果あるのかな」と思った方もいらっしゃるかと思います。でも、昔は誰もがやっていたじゃないですか。一昔前の、あなたの街の活気があった商店街の風景を思い出してみてください。八百屋さんや魚屋さんに面白いおじさんがいっぱいいたでしょう?あなたの家族構成を覚えてくれていて、あなたの好きな魚を覚えてくれていました。ダイコンを買うと、おいしい調理の仕方を教えてくれました。

そうです。昔栄えた、商店街の八百屋さんや魚屋さん、電気屋さんがやっていたサービスこそが、これからの時代に求められているサービスなのです。
地域のために、昔ながらのサービスを、今、やって欲しいのです。

関谷 秋彦 中古車店・整備工場専門のホームページ制作会社。代表取締役兼WEB ディレクター。元ディーラーフロントマン。中古車店・整備工場専門のホームページ制作会社を経営し、顧客は全国に数十社。中古車販売店や整備工場のホームページ制作を行う傍ら、顧客フォローや集客のアドバイスを行っている。

ホームページのご相談は ▶ http://digitalconvergence.jp