ホリデー車検フランチャイズチェーン 第 20 回 オーナーコンベンションを開催

ホリデー車検オーナーコンベンション

「笑顔」と「ありがとう」のあふれる地域一番店づくり

去る11 月5 日、千葉県舞浜ヒルトン東京ベイに於いて、ホリデー車検フランチャイズチェーン第20 回オーナーコンベンションが開催された。元祖立会車検のホリデーが誕生から20 周年ということもあり、盛大に行われた。現在ホリデーに加盟している数は260 店と年々増加を辿っている。本年度も10 店舗加盟店を増やし、全国展開に拍車をかける。

今回のコンベンションのテーマを、「笑顔」と「ありがとう」のあふれる地域一番店づくり、とした。2015 年度の基本方針として創業理念の実践を掲げ、中期戦略にカーライフタイムバリューの創発、年度方針には各部門の強化を掲げた。

5部構成で行われた本大会は、2015 年度の活動方針、加盟店会の活動報告、2014 年度の優秀店表彰式、滋賀ダイハツ販売㈱より後藤敬一社長を招き講演が行われた。

松川 陽 代表取締役社長 挨拶

原因と結果の法則というものがあり、結果を利益、として見るならば、利益=売上-原価、この考えではもはや利益は伸ばせません。お客さまが何を求めているか、従業員が何をもとめているか、この二つが今後の課題であり、柱となっていきます。私たちの仕事に於いて、原因とは顧客満足度と従業員満足度だと考えております。

CS、ESの両立こそが、会社の存在意義であり、最終的な利益になります。お客さまからありがとう、を言われているか、従業員が笑顔で仕事をしているか、これらを今一度確認して頂き、「笑顔とありがとうの、あふれる地域一番店づくり」に是非挑戦して頂きたいと考えております。

松川 陽一 専務取締役 活動方針発表

中期戦略にカーライフタイムバリューの創発を掲げております。顧客にとっての幸せを創造し、人、店、車、の三方良し、を目指していきます。その為に、仕組みづくりと人づくりを強化していきます。

マネジメント強化に於きましては、統合マネジメントの仕組み作り、CS 向上パッケージの導入を促進し、バージョンアップしていきます。その内容は、軽補修、スキャンツール、保険、台替えスキーム、これらも強化し、メンテナンスパックとカーリース、整備保証、延長保証などを拡張していく予定であります。

人づくりとして理念教育の強化に関しましては、2015 年にISO の変更が予定されており、大きな改正があります。品質、環境の二点の要求事項が統一されます。このように大きな変革がある中に対応していくためにも、ISO の要求事項を徹底していくことが大きな変革に対応できると考えております。ぜひISO の取組みを強化して頂きたいと思います。

ブランディング強化として、ホリデーのV.I.※が変更になります。普遍的な市松模様になり、20 年間使ってきた赤と黄色を使っております。ユーザーからも赤色と黄色といえばホリデー車検だと思っていただけるようなブランディングを展開していきます。

※ヴィジュアル・アイデンティティ

ホリデー車検チェーン2015年度方針

創業理念の実践
1、チャレンジ精神
2、感謝報恩の精神
3、社会奉仕の精神
4、幸せづくりの精神
中期戦略
カーライフタイムバリュー(C-LTV)の創発
年度方針
1、マネジメント強化
2、ネットワーク強化
3、理念教育強化
4、ブランディング強化