店長は社長の右腕であれ! 目指せ最強店長!

特集

最強店長研修~卒業生は今?

有限会社タカギ(スズキアリーナ下関西)

本コーナーでは、㈱カーベルが5月に開催した「最強店長研修」の卒業生のその後を追う。今回ご登場いただくのは、スズキ車をメインに全メーカーの新車・中古車を販売しつつ、車検・点検・整備など、トータルカーサービスを提供する㈲タカギ(スズキアリーナ下関西)から研修に参加した大杉和也店長。会社からの指示ではあったが、大杉店長は「伊藤社長の話が聴けるなら」と喜び勇んで研修に参加したという。積極的に参加する姿勢は、研修の第一歩としてとても重要なことである。

研修で学んだことは「店長は社長の右腕であれ」―大杉店長

研修で学んだ中で印象的だったのは、「店長は社長の右腕であれ」という言葉でした。右腕となるためには、誰よりも自分自身が進んで仕事に取り組まなければなりません。研修を受けた結果、目標を掲げて、それに取り組むという意識が芽生えました。一緒に研修に参加した仲間からも、いい気を貰えましたし、費用を会社に負担してもらっている以上、いいものを会社に持ち帰らねばという思いでした。まだまだ最強店長にはなり得てないと思うので、頑張ってまいります。

研修後、朝礼に挨拶訓練を取り入れ、会社の風通しが良くなった―大杉店長

研修から戻って、挨拶訓練-接客7大用語の唱和を朝礼に取り入れました。朝礼は、全体朝礼を行ってから各部署ごとのミーティングという流れだったのですが、研修後は全体朝礼の段階で各部署が今日どんな動きをするのかまで発表するようになり、全員が周知徹底できるようになりました。また、朝礼は着座式で行うのですが、従来ですと同じ人が毎朝決まった場所に座るというのが定番でしたが、常に前日とは違う席に座る流れができており、社内の活性化につながりました。

見るからにやる気がみなぎっている状態で戻ってきました―山本社長

研修から戻ってきた店長は、「やるぞ!」という気合が目の周りにみなぎっているのが分かりました。研修に行かせてよかったということと、ぜひ2度、3度実施して欲しいとカーベルに電話して伝えました。朝礼で社内が活性化されたのは事実で、みんなから活発な意見が出るようになりました。今後、店長が、①圧倒的な販売力と目標の必達、②社員全員の気持ちを同じ方向にする舵取り、③謙虚な姿勢と模範となる行動力と言動、を達成したその時、最強店長と呼びたいと思います。

 

有限会社タカギ(スズキアリーナ下関西)
代表取締役 山本 幸治
山口県下関市武久町2-1-5
電 話:083-253-1230
FAX:083-253-1320
業務内容:
全メーカー新車・中古車販売
24 時間ロードサービス・事故受付
車検・一般整備・輸入車修理
点検・鈑金塗装、ボディーコート
タイヤ・オーディオ・用品
自動車・傷害・火災・生命保険