国内の生産及び新車・中古車の販売状況(7月分)

 

 2020年5月の国内4輪車工場出荷台数は、表1にあるように合計で31万8,516台(対前年同月比41.9%)と、8か月連続で前年を下回った。

 また、5月のメーカー別生産台数は、表2にあるように今月も全社が対前年マイナスなのはもちろん、10%代の会社も増え、20~40%が当たり前といった状況になった。

 トヨタは前月に続いて生産・販売・輸出すべてにおいて前年を下回り、国内生産も8ヵ月連続で前年を下回り、12万2,744台(同43.0%)と前年比マイナスとなった。

 日産も唯一中国での生産及び販売が前年を上回ったものの、国内生産は1万2,978台(同21.3%)と15ヵ月連続で前年比マイナスとなった。

 ホンダは唯一欧州向けの輸出が2か月ぶりに増加したものの、国内生産は4万7,116台(同61.3%)と9ヵ月連続で前年比マイナススとなった。

 マツダも生産・販売・輸出すべてにおいて前年を下回り、国内生産は1万3,695台(同16.4 %)と5ヵ月連続で前年比マイナスとなった。

 三菱も前月に続いて生産・販売・輸出すべてにおいて前年を下回り、国内生産は8,383台(同18.3%)と1万台を切るなど、2ヵ月連続で前年比マイナスとなった。

 スバルは前月に続いて生産・販売・輸出すべてにおいて前年を下回り、国内生産は1万1,115台(同22.2%)と2ヵ月連続で前年比マイナスとなった。

 ダイハツも登録車の国内販売のみ前年を上回ったものの、国内生産は3万6,252台(同46.9%)と2ヵ月連続で前年比マイナスとなった。

 スズキも前月に続いて生産・販売・輸出すべてにおいて前年を下回り、国内生産は3万5,219台(同47.7%)と、2ヵ月連続で前年比マイナスとなった。

 続いて5月の輸入車新規登録台数は、表3にあるように1万4,809台(同55.0%)と8か月連続で前年比マイナスとなった。

表1:2020年5月の国内4輪車工場出荷台数

車  種 当月(A) 前年(B) A/B(%) 20年累計 19年累計 対比(%)
普通乗用車 136,855 408,021 33.5 1,581,958 2,242,450 70.5
小型乗用車 77,390 125,491 61.7 591,869 687,407 86.1
軽乗用車 47,325 120,864 39.2 488,540 645,244 75.7
小  計 261,570 654,376 40.0 2,662,367 3,575,101 74.5
普通トラック 20,512 35,285 58.1 151,167 189,520 79.8
小型トラック 14,802 23,724 62.4 102,315 127,693 80.1
軽トラック 18,224 36,542 49.9 142,021 186,530 76.1
小  計 53,538 95,551 56.0 395,503 503,743 78.5
バ  ス 3,408 9,697 35.1 36,143 45,705 79.1
総 合 計 318,516 759,624 41.9 3,094,013 4,124,549 75.0

(比率を除き 単位:台)(出典:自工会)

表2:2020年5月の主要8メーカーの国内4輪車生産状況

メーカー 4月生産台数(対前年同月比) 5月生産台数(対前年同月比) 2020年累計台数(対前年比)
ト ヨ タ 218,054台 (74.1%) 122,744台 (43.0%) 1,139,274台 (76.5%)
日  産 21,669台 (38.2%) 12,978台 (21.3%) 207,365台 (60.9%)
ホ ン ダ 53,114台 (67.9%) 47,116台 (61.3%) 304,589台 (77.2%)
マ ツ ダ 11,706台 (13.5%) 13,695台 (16.4%) 257,848台 (58.5%)
三  菱 15,467台 (32.4%) 8,383台 (18.3%) 187,316台 (73.2%)
ス バ ル 14,912台 (27.5%) 11,115台 (22.2%) 196,823台 (85.5%)
ダイハツ 49,248台 (65.3%) 36,252台 (46.9%) 346,307台 (86.6%)
ス ズ キ 28,417台 (35.1%) 35,219台 (47.7%) 311,811台 (76.9%)

(出典:各メーカー)

表3:2020年5月の輸入車新規登録台数

  4月新規登録台数(対前年同月比) 5月新規登録台数(対前年同月比)
輸入車総計 14,290台 (67.3%) 14,809台 (55.0%)

※すべての数字は乗用車、商用車の合計

※輸入車は日本自動車輸入組合発表により、日本メーカー車含む

 

  • 国内新車販売状況

 5月の国内新車販売状況は、表4にあるように総合計で21万8,283台(同55.1%)と2ヵ月連続で前年を下回った。車種別でもすべて前年比マイナスだった。

 メーカー別では、2ヵ月連続で主要8社すべてが前年マイナスとなった。

 登録車のブランド通称名別は、上位からヤリスが10,388台、ライズが7,916台、フィットが7,235台、カローラが6,540台、アルファードが5,750台と前月とはトップ5のうち2車種の顔ぶれが変わった。

 また同じく軽自動車は上位からN-BOXが1万1,655台、ミラが4,504台、スペーシアが4,392台、ルークスが3,911台、デイズが3,849台で、登録車同様にトップ5のうち2車種の顔ぶれが変わった。

表4:2020年5月の国内新車販売状況

車  種 当月(A) 前年(B) A/B(%) 20年累計 19年累計 対比(%)
普通乗用車 59,649 119,216 50 525,811 695,976 75.6
小型乗用車 64,132 93,420 68.6 490,485 552,270 88.8
小  計 123,781 212,636 58.2 1,016,296 1,248,246 81.4
普通貨物車 9,544 13,176 72.4 66,465 75,852 87.6
小型貨物車 14,242 20,689 68.8 96,782 114,719 84.4
小  計 23,786 33,865 70.2 163,247 190,571 85.7
バ  ス 411 837 49.1 5,294 6,306 84.0
登録車合計 147,978 247,338 59.8 1,184,837 1,445,123 82
軽自動車 70,305 148,778 50.0 675,544 857,862 62.2
総 合 計 218,283 396,116 55.1 1,860,381 2,302,985 80.8

(比率を除き 単位:台)(出典:自販連、全軽自協)

 

  • 国内中古車販売状況

 5月の中古車販売状況は、表5にあるように総合計で24万6,117台(同82.0%)と、8か月連続で前年を下回った。一方、車種別では小型貨物車のみが前年を上回った。

表5:2020年5月の中古車販売状況

車  種 当月(A) 前年(B) A/B(%) 20年累計 19年累計 対比(%)
普通乗用車 117,927 147,575 79.9 755,967 813,591 92.9
小型乗用車 90,292 115,326 78.3 600,881 662,249 90.7
小  計 208,219 262,901 79.2 1,356,848 1,475,840 91.9
普通貨物車 12,790 13,270 96.4 69,536 68,235 101.9
小型貨物車 17,047 16,909 100.8 90,031 88,774 101.4
小  計 29,837 30,179 98.9 159,567 157,009 101.6
バ  ス 772 1,205 64.1 5,338 5,977 89.3
そ の 他 7,289 5,954 122.4 32,379 29,409 110.1
総 合 計 246,117 300,239 82.0 1,554,132 1,668,235 93.2

(比率を除き 単位:台)(出典:自販連)

 

 

PR