エコアール 自動車リサイクル最前線

エコアール

ELV適正処理、中古車販売、中古部品・用品販売
あらゆる車両の価値を最大限に生かしてリサイクル

1959年から翌年まで、読売新聞に阿川弘之の「ぽんこつ」という小説が連載された。東京の下町でぽんこつ屋に勤める若者の恋愛と結婚を描いた作品である。栃木県足利市で農業を営んでいた、石井義幸氏が、この小説に興味を持ち、そしてモータリゼーションの夜明けを予期、自分の息子達に「お前達もぽんこつ屋を始めたらどうか?」と薦めた。

こうして1964年11月に、足利市山下町に自動車解体工場が開設された。初代社長は石井正勇(いしいまさたけ)氏である。その後、自動車の急速な普及により、社業は順調に成長した。新車、中古車を経て、使用済みになる車両が、次々と発生したからである。

同社は周囲から使用済み自動車を精力的に集めると共に、環境に配慮した解体作業を貫いた。これは、社長が農業出身であることと深く関係している。常に自然との調和を考える農業の思考が同社の基盤にあるからだ。
同社は、1989年に全天候型ELV解体処理工場を完成させる。2003年にはISO9001とISO14001をダブルで取得する。品質基準と環境基準の同時取得は業界初である。

2005年の自動車リサイクル法の施行に合わせて、同社は精緻な解体を行う全部再資源化認定工場となった。同年、これに対応できる新工場を西久保田工場団地内に開設し、社名をイシイカー工業有限会社から株式会社エコアールに変更、二代目の石井浩道社長が就任した。

石井浩道社長に最近の動向についてインタビューした。