整備工場が大切にすべきものは何か

自動車整備工場が大切にすること

一般的に、整備工場の無い中古車販売店は、気軽に開業して販売事業がスタートできる反面、廃業率の高い業種です。一方、整備工場はというと、技術が必要であることや許認可の関係で、中古車販売店ほど簡単にスタートできるものではありません。整備工場の場合、開廃業率は中古車販売業と比べて低く、比較的長くやっていける業種なのです。なぜ中古車販売店より整備工場の方が廃業率も低く長くやっていけるのでしょうか。答えはカンタンです。「顧客がいるから」です。整備工場は、地域に一定数の固定客さえいれば、事業を継続していけるのです。

売上より顧客数を伸ばす施策を考える

整備工場の場合、毎月新規のお客さまを集める必要は無く、一度利用してくれた方を大切に扱い、ダイレクトメール等を積極的に活用して顧客フォローを続けていれば、友人知人の紹介やその家族の車検整備や車両販売の依頼につながり、十分継続的に事業を行うことができます。その他、顧客数の自然減を補うだけの新規集客のできる整備工場は、顧客数が増え、少しずつ成長できます。たとえ新規集客を他業種ほど頑張らなくても、既存顧客をしっかりサポートしてフォローしていれば良いのです。

新規客より既存客のフォローが先

整備工場経営者は、新規のお客さまを集めることばかりに目を向けることなく、まずは自社の顧客を大切にする施策を第一優先に考えましょう。車検から車検の2年の間にどれだけ顧客と接触できるか。訪問するのか、電話するのかSNSを活用するのか、これら顧客フォローの手法は既に確立されていますので、自分の顧客層に合った方法で実行するだけです。

顧客フォローをしっかりと実行した上で、インターネットやホームページを上手に活用して地域の新規のお客さまを増やし、そのお客さまを顧客化する。この「新規客を顧客化する」という活動をしっかりすることで、あなたの整備工場は、これからも生き残ることができます。今、売上が厳しくなって廃業してしまう整備工場の問題点は、新規集客ができないということではなく、既存客のフォローが出来ていないのが真の原因です。自分の顧客をフォローできないのですから、新規客など集めることが出来るわけがありません。まずは顧客を大切にすること。その上で、新規客を集める方法を考えましょう。

これからの時代は、単に大きいお店やキレイな整備工場より、お客さまのことをよく分かっている整備工場が好まれる時代に逆戻りします。小さいから、古いから、と愚痴を言うことなく、一人ひとりのお客さまをしっかり大切にしていれば、十分ライバルと戦うことができます。整備工場も「ナンバーワンよりオンリーワン」お客さまにとって頼りになる自動車整備工場目指して頑張っていただきたいと思います。

関谷 秋彦
ホームページのご相談は ▶ http://digitalconvergence.jp
中古車店・整備工場専門のホームページ制作会社。代表取締役兼WEB ディレクター。元ディーラーフロントマン。中古車店・整備工場専門のホームページ制作会社を経営し、顧客は全国に数十社。中古車販売店や整備工場のホームページ制作を行う傍ら、顧客フォローや集客のアドバイスを行っている。