ホームページが 実店舗より大事な理由とは? 

ネット集客

1台でも多く車を売るため、整備入庫を1台でも増やすため、実店舗で多くの努力をしていると思います。整備技術を高めるのはもちろんのこと、工場をきれいにしたり、挨拶応対を良くしたり、ショールームをリニューアルしたりと、お客さまに満足して頂くために多くの努力をしていると思います。私は、実店舗の投資や店舗やスタッフ教育の前に、ホームページをしっかり作る方を優先するべきだと考えています。

なぜ実店舗やサービスへの投資より、ホームページを作る方が優先されるのでしょうか?少し乱暴な意見ではありますが、それにはわけがあります。実店舗よりホームページを作らなければならない理由は、お客さまの購買行動によるものです。

現在のお客さまは「実店舗に来店するかどうかをホームページを検索して調べるから」です。いくら店舗で良いサービスを提供していても、それが事前にホームページで伝わっていなければ、お客さまは来店するという意思決定を行わないのです。

どんなに良い整備工場でも、そのことがお客さまに伝わっていなければ、何にもなりません。今のお客さまは、どこかに来店しようと考えると、必ずホームページを検索します。その時、ホームページが無かったり、必要な情報が掲載されていなかったり、見にくかったりすると、それだけで、お客さまは離れていってしまうのです。

もちろん、実店舗の強化は大事です。しかしその前にお客さまが来店するかどうかを判断するホームページをしっかり作り込んでおかないと、お客さまは「来店するかどうか?」という意思決定ができなくなる…というわけです。

小さいお店こそホームページを先に作る

ホームページは、弱者のためのツールです。小さいお店や古ぼけた建物の整備工場など、一般的にマイナスと思われる要素であっても、お客さまに対する想いや、しっかりとサービスを行っていることをホームページで伝えれば、お客さまは「お店は小さいけれど、ここで整備してもらおう!」と考えるようになります。

皆様も「建物は汚いけれど、こだわりの店主が作った極上のラーメン」に魅力を感じる方は多いと思います。小さいなら小さいなりに、古い工場なら古い工場なりに、お客さまに対するサービス内容をしっかりホームページで伝えれば「(あなたのお店で整備をしてもらいたい」と考えるお客さまは必ず現れます。そのようなお客さまをしっかりサポートして顧客になっていただくこと。

ホームページは、おなたのお店と見込み客をつなげる第一歩として、どんなお店にも必要なのです。なぜなら「お客さま来店する前に必ずホームページを検索するから」です。

関谷 秋彦

中古車店・整備工場専門のホームページ制作会社。代表取締役兼WEB ディレクター。元ディーラーフロントマン。中古車店・整備工場専門のホームページ制作会社を経営し、顧客は全国に数十社。中古車販売店や整備工場のホームページ制作を行う傍ら、顧客フォローや集客のアドバイスを行っている。

ホームページのご相談は ▶ http://digitalconvergence.jp