集客はオンラインとオフラインで考える

集客方法は

整備工場のためのインターネット活用講座

整備工場経営者の多くの悩みは「集客」に収斂します。「新しいお客さまが来ない」「車検台数が欲しい」「売上減少に歯止めをかけたい」など、悩みの多くが集客に関するご相談です。

そうして、インターネットに書いている色々な集客手法を試しては、途中で挫折してしまうのが現状です。では、どうやったら正しい集客ができるのでしょうか?

オンラインとオフラインを使い分ける

「オンライン」とは、インターネットを使った集客の仕組みです。HPやインターネット広告、フェイスブックやブログなどのSNS、オンライン上には多くの手法が存在します。一方の「オフライン」とは、従来のアナログ的な集客手法です。チラシやDMなど、インターネットを使わない集客手法です。

では、整備工場にはどちらの集客手法が向いているのでしょうか?

答えは「両方」です。今、集客に成功している整備工場は、どちらも行っています。つまり「オンラインとオフラインを使い分ける」集客手法を実践している整備工場が集客に成功しています。オンラインとオフラインを組み合わせて集客することで、相互補完する集客の仕組みができ上がります。

チラシとホームページを組み合わせる

たとえば、「地域にチラシを撒いてホームページを見てもらう」という方法があります。ホームページを作っただけでは地域の人に見てもらうことはできませんが、その地域にチラシを入れることで、地域全体に告知することができます。

この場合、チラシは「ホームページを見てもらうことだけ」に特化すれば良いのです。オフライン媒体であるチラシの役割は「特定地域の人にホームページを見てもらう」ということが役割になります。そしてホームページは「整備工場について知ってもらう」だけを考えれば良いことになります。

この2つを組み合わせたことで、狙った地域のユーザーに自分たちの整備工場を詳しく知ってもらうことができます。

実は、これら実践しているのが通販会社「ジャパネットたかた」さんです。テレビCMを見る際にはテレビからチラシ、チラシからHPへ、という集客の仕組みを考えてご覧になると、理解が深まると思います。

ホームページ制作会社は「ホームページを作って集客しましょう」といいます。広告制作会社は「新聞折込を実施して地域に御社の案内をしましょう」といいます。

それらを組み合わせる施策を提案できる会社が少ないのです。であれば、あなたが考えなければなりません。

集客は仕組みです。お客さまがあなたのお店にコンタクトする動線を考えること。これを意識してぜ集客の仕組みを考えてみてください。

 

関谷 秋彦 

中古車店・整備工場専門のホームページ制作会社。代表取締役兼WEB ディレクター。元ディーラーフロントマン。中古車店・整備工場専門のホームページ制作会社を経営し、顧客は全国に数十社。中古車販売店や整備工場のホームページ制作を行う傍ら、顧客フォローや集客のアドバイスを行っている。

中古車店・整備工場専門のホームページ制作会社
有限会社 デジタル・コンバージェンス

中古車販売店向けの「クルマが売れるホームページ」、整備工場向けの「車検点検が取れるページ」、中古レンタカー会社向けの「レンタカー予約サイト」など、中古車店や整備工場へ「成果の出るホームページ」を制作しているインターネット販売のプロフェッショナル。