抹消登録台数 2020年2月

2020年4月9日

 2020年の2月の各抹消台数は、前月に引き続いて対前年・対前月で対照的な結果となった。

 輸出抹消は対前月がマイナス47.4%とほぼ半減となったものの、対前年はこれでもプラス1.7%とわずかに増加となっており、対前月の落ち込みはほぼ前年通りと言うことができる。

 一方、対前年、対前月共に減少となったのが永久抹消である。対前年はマイナス9.5%と若干の減少だが、対前月がマイナス73.7%とかなりの落ち込みである。昨秋の消費税率アップ後には新車販売の減少が顕著だったとはいえ、それを差し引いてもかなりの落ち込みと言える。

 残る一時抹消は、対前年がマイナス7.7%の一方、対前月はプラス4.6%と良い数字なのか悪い数字なのか、判断がつきにくい結果となった。比較の問題ではあるが、上記2者よりは安定していたと見るべきだろうか。

 まとめると、1月、2月と荒れ模様のスタートとなり、ここへ来て新型コロナウィルスの影響が反映されるのか否か、3月の数字にも注目である。

  西暦 1月 前年比 2月 前年比 3月 前年比 4~3月 前年比
輸出抹消 2019 170,605 102.3 87,392 116.9 108,040 107.9 1,423,539 106.2
2020 168,988 99.1 88,842 101.7        
永久抹消 2019 50,564 345.9 16,947 51.3 28,662 75.7 228,642 102.6
2020 58,169 115.0 15,325 90.4        
一時抹消 2019 283,252 106.4 343,686 103.5 637,125 98.5 4,160,115 103.0
2020 276,800 97.7 317,291 92.3        
  西暦 4月 前年比 5月 前年比 6月 前年比 1~6月 前年比
輸出抹消 2019 118,530 117.4 157,563 111.5 96,898 105.7 739,028 109.4
2020                
永久抹消 2019 10,596 98.4 13,517 95.9 13,764 98.5 134,050 107.8
2020                
一時抹消 2019 318,813 102.4 331,260 99.1 309,264 98.9 2,223,400 100.9
2020                
  西暦 7月 前年比 8月 前年比 9月 前年比 4~9月 前年比
輸出抹消 2019 149,821 101.7 101,613 84.8 121,247 132.8 745,672 107.7
2020                
永久抹消 2019 16,013 109.3 13,500 87.4 15,124 107.3 82,514 99.4
2020                
一時抹消 2019 356,267 109.5 284,861 96.0 343,812 116.6 1,944,277 103.7
2020                
  西暦 10月 前年比 11月 前年比 12月 前年比 1~12月 前年比
輸出抹消 2019 149,755 96.2 92,275 87.6 117,408 112.7 1,471,147 105.1
2020             257,830 99.9
永久抹消 2019 17,229 94.4 15,300 97.7 16,932 109.0 228,148 104.7
2020             67,511 108.9
一時抹消 2019 358,733 96.5 296,173 88.8 302,035 95.8 4,165,281 100.6
2020             626,938 94.8

※本年の1~12月(最下段右から2列目)は2月までの累計台数で、前年比は当該累計台数の前年同期比となっている。

(出典:自販連)

 

PR