高齢者サポート タフ・見守るクルマの保険

タフ・見守るクルマの保険

MS&ADインシュアランスグループのあいおいニッセイ同和損害保険株式会社は、「高齢者の安全運転をサポートし、運転状況を見守る」をコンセプトとした自動車保険を開発し、2018年1月より販売を開始することとなった。本商品はグループ会社である三井住友海上火災保険株式会社と共同開発したものである。

開発の背景
自動車を取り巻く社会環境変化の1つとして、高速道路での逆走等による高齢者の重大事故の増加が挙げられる。高齢者単独世帯も増加傾向にあり、離れて暮らす子供等が親の運転を心配し、運転状況を把握したいという声も聞かれるのも当然のことと言える。
MS&ADインシュアランスグループが独自に実施したアンケートでも、こうした声に応える自動車保険の高齢者向けサービスに高い関心が示されている。
あいおいニッセイ同和損保は、同グループの三井住友海上、三井ダイレクト損害保険株式会社およびインターリスク総研とともにテレマティクス技術の共同研究を進めてきた。
今回発売する新自動車保険では、この研究成果を取り入れ、あいおいニッセイ同和損保と三井住友海上の2 社で活用している。

新商品の名称
あいおいニッセイ同和損保の個人向け商品ブランド“TOUGH(タフ)”をベースに、「見守る」をコンセプトとして「タフ・見守るクルマの保険」が商品名となる。

サービスの概要
スマートフォンと、運転車両に設置する専用車載器(アプリの自動起動・停止等の機能あり)の活用により、運転状況のデータがデータサーバー等に送信される。

このデータを活用することで、安全運転サポートや高齢者の見守り等のサービスを提供する、先進的なテレマティクスサービスである。
主なサービスは以下の通り(この他にも高齢者の安全運転や事故発生時の対応をサポートするサービス等の開発を予定している)。

① 安全運転をサポートするサービス
a. 安全運転支援アラート
急加減速等の危険運転時や、事故多発地点の接近時等に注意喚起するアラートに加え、高齢者に多い事故形態や運転行動を踏まえ、安全運転をサポートするアラートを提供する。
b. 運転診断レポート
急加減速の発生回数等の運転傾向等に加えて、安全運転支援アラートの配信状況等について、総合的な運転診断結果としてWebレポートを提供する。

② 事故対応をサポートするサービス「事故緊急自動通報サービス」
車両に設置した専用車載器が大きな衝撃を感知すると、自動的にコールセンターへ通知し、専任オペレーターから利用者のスマートフォンに「安否確認コール」(電話)を行う。事故直後の初期対応に必要なアドバイスや、レッカー搬送の手配等、事故に遭遇して不安を抱えるお客さまを迅速かつ的確にサポートする。

③ 家族等が安全運転を見守るサービス
あらかじめ指定する家族等(複数人数設定可)に、「高速道路逆走注意アラート」や「指定区域外走行アラート」、発信時の時刻・場所等に関する情報に加えて、定期的に作成される運転診断レポートを自動的にスマートフォンやパソコン等へ通知・共有するサービスも提供する。