輸入車整備に関するサポート体制道内No.1を目指す!

宮田自動車商会

1921年創業
北海道の自動車業界で変わることなく
走り続ける自動車部品の総合商社

宮田自動車商会の基本方針

お客様の商売繁盛に繋がる最新商品、整備工場の業績向上につながる整備情報、経営者のお悩みを解決する情報を提供してまいります。近年、自動車整備業を取り巻く環境は早く大きく変化しており、マーケットに関わる全ての会社が「変化と成長」を求められています。宮田自動車商会と共に歩むお客様の「商売繁盛」にお役立ていただけましたら幸いです。

輸入車整備の取り組み

輸入車整備を取り組むために必要なインフラ整備、宮田自動車商会は整備工場に、輸入車を整備できる環境作りをお手伝いさせて頂きます。
その第一歩は、スキャンツールの導入です。近年の輸入車は、ちょっとした作業でもチェックランプが点灯するため、恐怖心すら覚える整備工場もあると聞きます。
そんな時はスキャンツールの出番です。宮田自動車商会では、AUTELの「MaxiSys」を取り扱っております。50社以上の自動車メーカーに対応しているので、どんな輸入車が来ても怖くありません。

整備できる環境が整うと部品が必要になりますが部品も良し悪しが有ります。例えば安価なネット流通部品の品質は悪く有りませんが、ネット企業の保証体制やクレーム対応が問題となり、エンドユーザーへご迷惑をかける可能性が生まれます。
宮田自動車商会は安心した部品をご提供致します。輸入車整備で新たな収益向上、そんな形を提案させて頂きます。

テクニカルセンターも完備

スキャンツールを含め、近年ますます進化し続けていく自動車業界で、先進技術の高度化により、それに対応した新しい設備導入が必須となっています。その環境変化に対応すべく設立されたのが、宮田自動車テクニカルセンターです。最新式のジグ式フレーム修正機や、スポット溶接機など最新の設備を取り揃えています。

ジグ式フレーム修正機 SERIE
(SPANESI)
半自動溶接機 プラズマ切断機
(CEBORA)
四輪アライメント計測器
(HOFMANN)

ビジネスフェアも開催

宮田自動車商会では今年で4 年目を迎えるビジネスフェアを9 月に開催します。

会 場  アクセスサッポロ
日 程
平成29年9月23日(土) 11:00~18:00
平成29年9月24日(日) 9:30~16:30

テーマ
クルマが変わればシゴトも変わる淘汰の時代に選ばれるには?
ヒト×道具×情報=お客様の集まるお店

少子高齢化や、クルマの先進装備の増加、ハイブリッド・電気自動車の普及など、変化の大きい自動車業界で、どう生き残るか? 今、必要とされているコト・モノを、宮田自動車が全力で提供します。

ビジネスフェア特別セミナーのお知らせ

最先端の自動車整備に関するセミナーを開催します。50 系プリウスの実車を使用し、ミリ波レーダーセンサー、レコグニッションカメラの光軸調整作業の説明等を予定している。「今」の自動車整備に触れるチャンスです。

株式会社宮田自動車商会
北海道札幌市中央区北1 条東11-22
TEL:011-261-3451
FAX:011-242-1241