BSサミット事業協同組合全国大会2014

2015年9月14日

BS サミット事業協同組合が2014 年 全国大会を開催

お客様(カーユーザー)、損害保険会社、組合員工場のトリプルプロフィット(三者間利益)を追求する、車体整備業におけるプ
ロ集団のネットワークである、BS サミット事業協同組合(磯部君男理事長)は、去る7 月14 日、2014 年全国大会を開催した。

冒頭で行われた磯部理事長の挨拶では、2014 年の活動スローガンとして、「エクセレント車体整備工場を目指して」が掲げられた。エクセレント車体整備工場とは、エクセレント=優良・優秀であるということで、細かい設備基準を設けると共に、「お客様対応力 業界№1」「車体修理技術力 業界№1」「経営力 業界№1」の3 要件を満たした工場を指す。

「お客様対応力 業界№1」 とは、常にお客様の満足度を意識した行動をとり、満足度の維持向上に努めるということである。
「車体修理技術力 業界№1」 とは、現行車はもちろん、次世代車の車体修理への技術対応力、すべてについてリードするということである。
「経営力 業界№1」 とは、車体整備業として収益性・生産性・効率性がなどについての経営指標が明確であり、すべての経営項目について、経営者として把握していることである。

なお、大会最後に発表された各委員会・部会の今年度の主な活動は下の通り。

 

各委員会・部会の今年度の主な活動

技術教育委員会
作業改善による生産性向上と原価低減について
エクセレント工場の技術面について
車体整備工場経営マネジメントシステムについて
業界問題委員会
日本版 事故車検査制度の構築
フロント教育委員会
全グレードを凝縮したフロント研修の実施
指導者育成コースの設置
販売促進委員会
本部取扱商材・商品の拡大
リサイクルパーツの利用拡大
広報委員会
HPの改修と情報鮮度の向上
メールマガジン及びBSサミットニュースの成長と成熟
新VIと統一呼称・看板の検討
ロードサービス部会
ロードサービスの事業化

PR