輸入車整備のすゝめ

SPK

SPK ㈱と地域部品商が提案する「輸入車整備のお手伝い」
国産車から輸入車整備まで~地域のクルマのかかりつけ医~

自動車整備業界を取り巻く環境

国産車整備のみを事業としている整備事業者の多くは、ディーラーや近隣ライバル店との価格とスピード競争で収益が下落し経営が厳しい。収益アップのためにレンタカー事業、カフェ併設、フランチャイズ加盟、洗車機導入、HP作成等、様々な取り組みがなされているが、ますます競争は激化する一方である。

輸入車整備という選択肢

輸入乗用車の新規登録台数がリーマンショックの翌年、2009年の約17万台を底に、2013年には約30万台と約2倍まで伸び続けた。今や新車販売の10台に1台が輸入車である。
ところで、ディーラー以外での車検整備需要は、新車販売から約5年遅れて到来するのが一般的である。この登録台数の伸びに対応しきれず、2017年現在、輸入車整備市場で起こっている問題として、ディーラーを含む多くの輸入車専門整備工場にユーザーが殺到し、簡単な軽整備ですら3~4時間待ちという現象が目に付く。軽整備や車検の受け皿が求められている。

「地域のかかりつけ医」としての整備工場

しかし、これまで国産車整備をメインでやってきた整備工場がいざ輸入車整備を行おうとしても、参入障壁が立ちはだかる。診断機の存在である。輸入車整備の際、「チェックランプ」に対して、ある意味、恐怖心を抱く整備工場は少なくない。その不安は、輸入車に不慣れな整備工場に共通のものである。しかし、ユーザのニーズはそこにある。だからこそ地域のかかりつけ医として輸入車整備も行っていくべきだというのがSPKと地域部品商からの提案なのである。

自動車整備業界を取り巻く環境

輸入車整備のハードルとなるのは、チェックランプの解消など、診断機を使用しないと整備ができない点。そこで診断機!近年では、輸入車用の診断機でも日本語表示やタブレット感覚で使用できる診断機も出ている。オイル交換やブレーキパッド交換も診断機を使用するケースが増えている。診断内容や整備内容で不明な点があったら、問い合わせができる整備サポートを提供している診断機も存在する。輸入車も案外、国産車の整備と似た感覚で整備できる。交換用の部品供給も国産車と同様、SPKと地域部品商で今まで通り供給可能。

輸入車に取り組む整備工場を全力でバックアップ!

安心の純正メーカー(OE)採用ブランドを取り揃え、 国産車と同様、 SPKと地域
部品商で今まで通り供給します。
国産車、輸入車50メーカー以上をカバー

難しい操作は一切ナシ、プログラミング・コーディングも画面上に手順を表示
わからないことがあっても専門スタッフが常駐するコールセンターでサポート

創業100 年の自動車補修部品専門商社 SPK 株式会社
〒553-0003 大阪市福島区福島5 丁目5-4(本社)
http://www.spk.co.jp/