あなたの会社は、検索されますか?

ネット集客

あなたは東京都中央区で整備工場を経営していて、車検のお客さまが欲しいとします。この場合、あなたの見込み客はどのような検索行動をとると思いますか?

今すぐ「せいび界」を脇に置いて、Yahoo!かGoogleで、あなたの会社の主力事業について、検索してみてください。1ページ目には何が表示されますか?

車検を考えている見込み客は「中央区 車検」や、「車検工場 中央区」、「中央区 車検工場 おすすめ」などの検索キーワードで検索することでしょう。あなたの地域で、見込み客がインターネットで検索を行った場合、検索結果の中に、あなたの工場の情報は表示されますか?

何かを購入したりサービスを受けたりする人のほぼすべてがインターネットを利用する現在、もし、あなたのお店やサービスがインターネットで表示されなかったら?それは「この世にあなたのお店が存在しないのと同じ」です。もし、あなたのお店の主力サービスが車検だとして、「お住まいの地域 + 車検」という検索結果にあなたのお店が表示されなかったら? 考えただけでゾッとしませんか?

見込み客が、どの工場にお願いしようか比較検討する時に、あなたのお店の名前がそこになければ、検討することはできません。あなたの工場が、どんなに良い車検サービスを行っていても、親切丁寧でも、問い合わせは入りません。当然です。比較検討されないわけですから。あなたの主力サービスで検索した時、そこにあなたのお店の名前が正しく出てこないということは致命的なことなのです。

「ウチはインターネットを使わないからホームページは要らないよ」という経営者が未だにいらっしゃるのですが、あなたが使うかどうかではなく、ホームページは見込み客が使うものなのです。電話やFAXと同じように、それがないとお客さまが困ってしまうのです。

このように書くと、「いや、ウチはお客さまから紹介をもらえますから」とか、「チラシや新聞折り込みでお客さまが来ますから大丈夫です」という人がいるのですが、今のお客さまは、何らかの媒体「DM・チラシ・看板・顧客の紹介」をフックにして、さらに詳しい情報を求めてインターネットで検索をかける、ということなのです。

どんなお店か? どんなメカニックがメンテナンスするのか? 車検価格はいくらか? を知りたくて検索するのです。その時、あなたのお店の魅力と特徴を正しく伝えるホームページが無いとすべてがパァだ、ということです。

現在のお客さまは、興味があることに対して、まずはインターネット上で「検索行動」を行います。
「お金をかけて作ったチラシ」「街道沿いの看板」「名刺のHPアドレスやQRコード」「既存客からの紹介」「店舗にあるお店の名前」これら全ての広告媒体をきっかけとして、あなたのお店が検索された時に適切に表示されるホームページがあるかどうかが、勝負の分かれ目です。
先ほど脇に置いた「せいび界」を最後まで読み終えたら、ぜひ、地域の見込み客のために、ホームページを作ることを決断して実行くださいね!

関谷 秋彦

中古車店・整備工場専門のホームページ制作会社。代表取締役兼WEB ディレクター。元ディーラーフロントマン。中古車店・整備工場専門のホームページ制作会社を経営し、顧客は全国に数十社。中古車販売店や整備工場のホームページ制作を行う傍ら、顧客フォローや集客のアドバイスを行っている。

ホームページのご相談は ▶ http://digitalconvergence.jp