2019年5月国内の生産及び新車・中古車の販売状況

  • 新車の国内4輪車生産状況

 2019年5月の国内4輪車工場出荷台数は、表1にあるように合計で75万9,624台(対前年同月比108.6%)と、1ヵ月ぶりに前年を下回った。

 また、5月のメーカー別生産台数は、表1にあるように主要8社のうち5社が前年を上回った。

表1:2019年5月の国内4輪車工場出荷台数

車  種 当月(A) 前年(B) A/B(%) 19年累計 18年累計 対比(%)
普通乗用車 407,517 370,608 110.0 2,241,946 2,183,687 97.4
小型乗用車 125,995 125,151 100.7 687,911 681,256 99.0
軽乗用車 120,864 107,309 112.6 645,244 632,443 98.0
小  計 654,376 603,068 108.5 3,575,101 3,497,386 97.8
普通トラック 35,285 34,408 102.5 189,520 188,132 99.3
小型トラック 23,724 23,819 99.6 127,693 125,716 98.5
軽トラック 36,542 29,313 124.7 186,530 168,420 90.3
小  計 95,551 87,540 109.2 503,743 482,268 95.7
バ  ス 9,697 8,979 108.0 45,705 43,373 94.9
総 合 計 759,624 699,587 108.6 4,124,549 4,023,027 97.5

(出典:自工会)

 トヨタは5ヵ月連続で、国内生産及び輸出が前年を上回り、28万5,283台(対前年同月比123.1%)と前年比プラス。ホンダは2ヵ月連続で国内生産が前年を上回り、7万6,916台(同118.2%)と前年比プラスだった。

 マツダは国内販売がマイナスだったものの、国内生産は前月同様CX-5やMAZDA3の好調により8万3,327台(同107.0%)と2ヵ月連続で前年比プラスとなった。

 スバルはこのところ続いていた操業条件の変更によるマイナスを、フォレスターの大幅増加によってカバーしたため、国内生産5万88台(同114.9%)と10ヵ月ぶりに前年比プラスとなった。

 ダイハツは軽自動車の国内販売が好調だったことが手伝って、国内生産も7万7,335台(同112.3%)と2ヵ月連続で前年比プラスとなった。

 一方、日産はアメリカでの販売が唯一前年を上回った以外は軒並み前年を下回り、国内生産は6万932台(同81.4%)と3ヵ月連続で前年比マイナスとなった。

 三菱は国内販売でデリカD:5、ミラージュ、アウトランダー、同PHEV、ekスペースなどが好調だったものの、国内生産は4万5, 851台(同95.0%)と4ヵ月連続で前年比マイナスとなった。

 スズキはスペーシア、新型ジムニーが国内販売を引っ張り前年を上回ったものの、国内生産は7万3,840台(同97.0%)と1月ぶりに前年比マイナスとなった。

表2:2019年4月、5月の主要8メーカーの国内4輪車生産状況

メーカー 4月生産台数(対前年同月比) 5月生産台数(対前年同月比) 2019年累計台数(対前年比)
ト ヨ タ 294,134台 (116.3%) 285,283台 (123.1%) 1,490,069台 (112.8%)
日  産 56,715台 (73.2%) 60,932台 (81.4%) 340,417台 (84.0%)
ホ ン ダ 78,178台 (115.8%) 76,916台 (118.2%) 394,518台 (112.2%)
マ ツ ダ 86,558台 (104.2%) 83,327台 (107.0%) 440,633台 (105.5%)
三  菱 47,788台 (99.0%) 45,851台 (95.0%) 255,893台 (93.3%)
ス バ ル 54,260台 (94.6%) 50,088台 (114.9%) 230,291台 (85.3%)
ダイハツ 75,422台 (106.5%) 77,335台 (112.3%) 400,121台 (103.3%)
ス ズ キ 80,953台 (101.6%) 73,840台 (97.0%) 405,564台 (99.0%)

(出典:各メーカー)

 続いて5月の輸入車新規登録台数は、表3にあるように2万6,939台(同94.1%)と3ヵ月連続で前年を下回った。

表3:2019年4月、5月の輸入車新規登録台数

  4月新規登録台数(対前年同月比) 5月新規登録台数(対前年同月比)
輸入車総計 21,245台 (97.1%) 26,939台 (94.1%)

※すべての数字は乗用車、商用車の合計

※輸入車は日本自動車輸入組合発表により、日本メーカー車含む

  • 国内新車販売状況

 5月の国内新車販売状況は、表4にあるように総合計で39万6,116台(同103.2%)と3ヵ月連続で前年を上回った。車種別では前月同様、小型乗用車以外はすべて前年比プラスだった。

 メーカー別では、主要8社のうち前月同様6社が前年比プラスとなった一方、マイナスとなった2社のうち日産は前月同様、国内生産共々前年比マイナスとなった。

 登録車のブランド通称名別は、上位からプリウスが1万1,005台、ノートが8,059台、アクアが7,845台、ルーミーが7,728台、シエンタが7, 580台で、ルーミー及びシエンタは久々のベスト5入りだった。

 また軽自動車は上位からN-BOXが2万2,231台、スペーシアが1万3,391台、デイズが1万1,883台、タントが1万993台、ムーヴが9,345台、でデイズが3位に躍進した。

表4:2019年5月の国内新車販売状況

車  種 当月(A) 前年(B) A/B(%) 19年累計 18年累計 対比(%)
普通乗用車 119,216 108,270 110.1 695,976 677,325 102.8
小型乗用車 93,420 93,761 99.6 552,270 572,027 96.5
小  計 212,636 202,031 105.2 1,248,246 1,249,352 99.9
普通貨物車 13,176 12,790 103.0 75,852 73,157 103.7
小型貨物車 20,689 20,411 101.4 114,719 110,716 103.6
小  計 33,865 33,201 102.0 190,571 183,873 103.6
バ  ス 837 791 105.8 6,306 6,372 99.0
登録車合計 247,338 236,023 104.8 1,445,123 1,439,597 100.4
軽自動車 148,778 147,721 100.7 857,862 839,078 102.2
総 合 計 396,116 383,744 103.2 2,302,985 2,278,675 101.1

(比率を除き 単位:台)(出典:自販連、全軽自協)


国内中古車販売状況

 5月の中古車販売状況は、表5にあるように総合計で30万239台(同95.4%)と、1ヵ月ぶりに前年を下回った。車種別では、バスのみが前年を上回った。

表5:2019年5月の中古車販売状況

車  種 当月(A) 前年(B) A/B(%) 19年累計 18年累計 対比(%)
普通乗用車 147,575 148,174 99.6 813,591 780,570 104.2
小型乗用車 115,326 124,439 92.7 662,249 686,756 96.4
小  計 262,901 272,613 96.4 1,475,840 1,467,326 100.6
普通貨物車 13,270 15,289 86.8 68,235 70,884 96.3
小型貨物車 16,909 18,926 89.3 88,774 92,105 96.4
小  計 30,179 34,215 88.2 157,009 162,989 96.3
バ  ス 1,205 1,119 107.7 5,977 6,297 94.9
そ の 他 5,954 6,763 88.0 29,409 30,649 96.0
総 合 計 300,239 314,710 95.4 1,668,235 1,667,261 100.1

(比率を除き 単位:台)(出典:自販連)