NO IMAGE

RUMアライアンスが2020年7月例会を開催

 特定非営利活動法人RUMアライアンス(以下、RUM)は2020年7月例会を7月29日に開催した。今回も新型コロナウイルスの影響下ということもあり、6月例会同様にWEB会議システムを使ったリモート会議となった。

 

代表挨拶

 赤須洋一郎代表理事は例会に先立ち、以下のように語った。

「前回コロナウイルスへの対策は長期化すると述べましたが、コロナウイルスへの対策は一過性のものではなく、他の病気などと同じように日常的に潜むリスクとして認識していかないといけないのかもしれません。

今後RUMではコロナウイルスを踏まえた新しい事業、サービス形態を正式な議題として模索し、従来のやり方から脱皮していきたい考えています。そうしなければ循環型社会の形成どころか、社会の継続すら危ぶまれると感じています。」

 

取り上げられた主な議題

 

コロナ禍での事業継続の取組について

 参加者から現状についてのコロナウイルスへの対策等、報告が行われた。自社独自のコロナウイルス基準など、活発な意見交換が行われた。

 

自動車リサイクル高度化財団からの採択と提案事業の進め方について

 自動車リサイクル高度化財団公募にて採択された「自動車リサイクルの現場を活用した周知活動」提案を、コロナウイルス影響下でどのように進めていくか議論が行われた。

 その中でもRUM自動車リサイクル周知分科会より行われた、会合の報告と現状のコンテンツ作成状況が主な内容となった。

 

次回8月例会の開催予定は2020年8月19日(水)