新車販売台数

国内の生産及び新車・中古車の販売状況(11月分)

 2019年10月の国内4輪車工場出荷台数は、表1にあるように合計で79万9,676台(対前年同月比92.5%)と、2か月連続で前年を下回った。

 また、11月のメーカー別生産台数は、表2にあるようにスバルを除く主要7社が前年を下回るなど、前月とほぼ同様の不調ぶりだった。

 スバルはフォレスターを中心に国内生産が増加し、6万3,711台(同113.5%)と4ヵ月ぶりに前年比プラスとなった。

 トヨタは世界販売こそ好調だったものの、国内生産は2ヵ月連続で前年を下回り、27万5,440台(対前年同月比95.6%)と前年比マイナスとなった。

 日産も2ヵ月連続で輸出が前年を上回ったものの、国内生産は6万5,092台(同82.2%)と9ヵ月連続で前年比マイナスとなった。

 ホンダも中国での生産が前月に続いて過去最高を記録したものの、国内生産は5万2,928台(同61.3%)と3ヵ月連続で前年比マイナススとなった。

 マツダもMAZDA3のみが依然好調だったものの、8万1,316台(同85.4 %)と2ヵ月連続で前年比マイナスとなった。

 三菱は北米向けの輸出が好調だったものの、国内生産は5万3,880台(同85.0%)と4ヵ月連続で前年比マイナスとなった。

 ダイハツは登録車の増加で国内販売こそ好調だったものの、国内生産は8万6,180台(同99.7%)と惜しくも2ヵ月連続で前年比マイナスとなった。

 スズキは欧州向け輸出が引っ張って輸出全体は好調だったものの、国内生産は8万8,906台(同99.7%)と、こちらも惜しくも7ヵ月連続で前年比マイナスとなった。

 続いて11月の輸入車新規登録台数は、表3にあるように2万6,787台(同90.8%)と台数こそ前月に比べて増えたものの2か月連続で前年比マイナスとなった。

表1:2019年11月の国内4輪車工場出荷台数

車  種当月(A)前年(B)A/B(%)19年累計18年累計対比(%)
普通乗用車445,728474,35994.04,919,3994,818,76098.0
小型乗用車126,372145,26787.01,427,8801,476,646103.4
軽乗用車120,703128,34794.01,363,0471,384,562101.6
小  計692,803747,97392.67,710,3267,679,35999.6
普通トラック37,01139,37294.0414,809422,819101.9
小型トラック19,90924,23982.1259,635266,972102.8
軽トラック38,11842,79089.1399,393396,74199.3
小  計95,038106,40189.31,073,8371,086,532101.2
バ  ス11,83510,270115.2107,642100,22193.1
総 合 計799,676864,64492.58,891,8058,866,72199.7

(比率を除き 単位:台)(出典:自工会)

 

表2:2019年10月、11月の主要8メーカーの国内4輪車生産状況

メーカー10月生産台数(対前年同月比)11月生産台数(対前年同月比)2019年累計台数(対前年比)
ト ヨ タ276,318台(98.6%)275,440台(95.6%)3,178,233台(109.7%)
日  産68,550台(88.2%)65,092台(82.2%)746,543台(87.2%)
ホ ン ダ56,183台(63.3%)52,928台(61.3%)792,332台(97.9%)
マ ツ ダ82,788台(86.5%)81,316台(85.4%)938,119台(103.2%)
三  菱50,717台(82.4%)53,880台(85.0%)567,440台(91.7%)
ス バ ル45,580台(71.0%)63,711台(113.5%)561,023台(92.2%)
ダイハツ78,513台(92.2%)86,180台(99.7%)875,207台(102.4%)
ス ズ キ82,453台(94.5%)88,906台(99.7%)866,426台(93.2%)

(出典:各メーカー)

表3:2019年10月、11月の輸入車新規登録台数

 10月新規登録台数(対前年同月比)11月新規登録台数(対前年同月比)
輸入車総計19,441台(75.9%)26,787台(90.8%)

※すべての数字は乗用車、商用車の合計
※輸入車は日本自動車輸入組合発表により、日本メーカー車含む

 

  • 国内新車販売状況

 11月の国内新車販売状況は、表4にあるように総合計で38万5,852台(同87.3%)と3ヵ月連続で前年を下回った。車種別でも同様にすべて前年比マイナスだった。

 メーカー別では、生産に連動してか主要8社のうちスバルが前年を上回ったものの、残り7社は依然前年比マイナスとなるなど、モーターショーにおける新型車への期待は未だ数字に表れず、消費増税後の買い控えばかりが目立つ形になったようだ。

 登録車のブランド通称名別は、上位からカローラが10,705台、シエンタが10,331台、プリウスが8,375台、新登場のライズが7,484台、ルーミーが7,132台と前月とは顔ぶれが変わった。

 また同じく軽自動車は上位からタントが2万1,096台、N-BOXが1万8,805台、スペーシアが1万2,820台、デイズが1万2,137台、ムーヴが6,775台で、久々にタントがN-BOXの牙城を崩した。

表4:2019年11月の国内新車販売状況

車  種当月(A)前年(B)A/B(%)19年累計18年累計対比(%)
普通乗用車113,623133,54285.11,473,6011,461,027100.9
小型乗用車92,191107,27785.91,153,5201,219,27594.6
小  計205,814240,81985.52,627,1212,680,30298.0
普通貨物車12,59715,49281.3168,797164,812102.4
小型貨物車19,64722,25988.3249,398239,467104.1
小  計32,24437,75185.4418,195404,279103.4
バ  ス7861,02476.812,60312,483101.0
登録車合計238,844279,59485.43,057,9193,097,06498.7
軽自動車147,008162,34690.61,792,3471,787,401100.3
総 合 計385,852441,94087.34,850,2664,884,46599.3

(比率を除き 単位:台)(出典:自販連、全軽自協)

 

  • 国内中古車販売状況

 11月の中古車販売状況は、表5にあるように総合計で29万3,658台(同92.7%)と、2か月連続で前年を下回った。車種別でも同様にすべての車種で前年を下回った。

表5:2019年11月の中古車販売状況

車  種当月(A)前年(B)A/B(%)19年累計18年累計対比(%)
普通乗用車143,084153,52293.21,740,6921,686,473103.2
小型乗用車111,749121,88191.71,375,9671,408,13597.7
小  計254,833275,40392.53,116,6593,094,608100.7
普通貨物車13,94715,33590.9154,440159,11797.1
小型貨物車17,86518,40997.0196,470199,17398.6
小  計31,81233,74494.3350,910358,29097.9
バ  ス88099388.611,91612,42595.9
そ の 他6,1336,77590.568,67870,16697.9
総 合 計293,658316,91592.73,548,1633,535,489100.4

(比率を除き 単位:台)(出典:自販連)

 

AD