抹消登録台数

2019年8月抹消登録台数

 2019年の8月の各抹消台数は、前月から一転、すべての項目において対前年・対前月共にマイナスという結果となった。しかもほぼすべてにおいて2桁台のマイナスという落ち込みぶりだった。

 輸出抹消は対前年がマイナス15.2%だったのに対し、対前月ではマイナス32.2%と、対前月では3項目中一番の落ち込みぶりだった。

 永久抹消はというと、対前年がマイナス12.6%、対前月がマイナス15.7%と、安定といってはおかしいが、いずれも10%台のマイナスに留まった。

 残る一時抹消は、対前年がマイナス4%と3項目中唯一1桁台のマイナスに留まったものの、対前月がマイナス約20%と、輸出抹消と同様に浮き沈みの激しい結果となった。

 これだけ落ち込みが激しいと、果たして前年はどうだったのかというと、3項目とも対前年つまり前々年である2017年に対しては100%以上と台数を伸ばしていた。永久抹消に限っては唯一、対前月もプラスだっただけに、本年8月は相当な落ち込みであったことが分かる。

 ただし、これだけ落ち込んでいるにも関わらず、前月までの貯金が効いたのか、3項目とも累計では前年超えを維持しており、今回の落ち込みはごく短期的な傾向で、最終的には3項目とも前年超えで着地するのではないだろうか。

 西暦1月前年比2月前年比3月前年比4~3月前年比
輸出抹消2018166,72696.374,773118.3100,13971.41,339,991102.4
2019170,605102.387,392116.9108,040107.91,423,539106.2
永久抹消201814,61896.233,034183.837,85897.8222,859107.0
201950,564345.916,94751.328,66275.7228,642102.6
一時抹消2018266,30797.8332,16199.0647,03896.44,039,424102.4
2019283,252106.4343,686103.5637,12598.54,160,115103.0
 西暦4月前年比5月前年比6月前年比1~6月前年比
輸出抹消2018100,963148.5141,34395.191,641101.7675,58598.8
2019118,530117.4157,563111.596,898105.7739,028109.4
永久抹消201810,76895.314,08998.913,98090.8124,347110.2
201910,59698.413,51795.913,76498.5134,050107.8
一時抹消2018311,472103.1334,413106.7312,72497.12,204,11599.5
2019318,813102.4331,26099.1309,26498.92,223,400100.9
 西暦7月前年比8月前年比9月前年比4~9月前年比
輸出抹消2018147,37099.6119,786102.991,316112.2692,419106.1
2019149,821101.7101,61384.8    
永久抹消201814,65399.315,439101.114,09789.883,02695.8
201916,013109.313,50087.4    
一時抹消2018325,250105.3296,629102.0294,80896.11,875,296101.7
2019356,267109.5284,86196.0    
 西暦10月前年比11月前年比12月前年比1~12月前年比
輸出抹消2018155,622102.2105,319112.9104,142103.81,399,140101.8
2019      990,462105.1
永久抹消201818,245103.015,65996.015,53993.2217,979104.2
2019      154,439105.9
一時抹消2018371,821110.0333,623108.5315,312103.64,141,558101.7
2019      2,825,994101.4

※本年の1~12月(最下段右から2列目)は8月までの累計台数で、前年比は当該累計台数の前年同期比となっている。

(出典:自販連)

AD