ハイブリッドバッテリーの再生方法の特許を取得 ユーパーツ

バッテリー再生システム
充放電機「ADVANCED BATTERY RECOVERY SYSTEM HV」とハイブリッドバッテリー

 自動車リサイクル商品の開発、販売を行っている株式会社ユーパーツ(代表取締役社長:清水道悦)は、「バッテリーユニットの検査装置、バッテリーユニットの検査方法およびプログラム」について特許を取得したことを発表した。

リユース品だからこと確かな品質を

 今回取得した特許は主にハイブリッドバッテリー(ニッケル水素電池)を再生利用する際の技術。車両から取り外したバッテリーのモジュール毎にケーブルを接続し、電圧を精密に測定した上で、充放電を繰り返すことによりバッテリーの性能を回復させる。同社では新品バッテリーの最大蓄電容量の85%まで再生できたものを商品として出荷している。現在は月50台程の再生バッテリーを生産している。

3Rの実現に向けて

清水道悦
代表取締役社長 清水道悦 氏

 同社では以前から、自動車用鉛バッテリー、フォークリフトバッテリーについての再生事業に取り組んできた。今回取得したハイブリッドバッテリーの再生利用技術の特許技術を使用し、少しでもリユースすることにより、限られた資源を大切にしていく。また同時に、リチウムイオン電池についても3Rに沿うように活用する手段を模索、研究に着手している。