外車部品ならここで決まり!

リサイクルの話題

外車の部品ならここで決まり!

大量在庫で即納体制も整っている日本外車部品株式会社の実態に迫る!

外車の新品部品に強く系列会社に電装品リビルトメーカーを持ち、診断機(スキャンツール)の販売にも特化している部品商、それが日本外車部品株式会社(大橋 類社長)だ。
社外新品と呼ばれるOEM品を多く扱い、常備しているアイテムの数は5,000アイテムほどあり、在庫量としては5万点ほど店舗に在庫をしている。大体純正品2割、OEM品が8割の在庫状況である。

系列会社は電装品、主にボッシュ製の製品に特化しているメーカーである水口電装があり、電装品のリビルト品はこちらで補完をし
ている。純正品、OEM、リビルトと隙のないラインナップを展開している。
一日の受注の件数は全国より150件ほどあり、小さいものはガスケットから大きなものはラジエーターやフィルター、ブレーキ、足
まわり、クーリングA/C部品などの注文がある。
品質管理に関してもシビアに条件を設けており、同社で取引をしている仕入先で不具合が二回あった部品は使用しないという徹底ぶ
りを見せている。「顧客に対し迷惑をかける訳にはいかないので信頼できる部品を販売していきたい」と同社営業部の坂本 英俊氏。
北は北海道から南は沖縄まで日本全国に取引先がある。主な取引先は本誌読者と同じような修理工場がメイン。地場の部品商に無く、
納期に時間のかかる外車部品などを同社に発注すればすぐに見つかり、即日対応してくれると評判である。

スキャンツールの販売からアフターフォローも万全

日本外車部品の特徴の一つにスキャンツールの販売がある。日本全国各地に営業マンがスキャンツールの販売と使い方の講習をして
おり、同社でスキャンツールを購入した顧客に対し電話対応によるサポートサービスを展開している。

このサポートに関しては歴史が長く、これまでの情報を会社で蓄積しており、事例や解決方法を網羅している。同じような事例があ
ればすぐに対応出来る利点があり、顧客より重宝されている。 また同社に車両を持ち込み、スキャンツールを使ったエラーコードの消去サービスも展開している。
近郊の工場が多いが、車体整備中に点灯してしまったエラーコードの消去や診断をしている。 この莫大な情報を元に電装品などのスキャンツールに依存する部品を販売する際に注意を喚起できるのも同社ならではといったところ。このようにリビルトから純正品、OEM品まで幅広く対応している日本外車部品、外車の部品で困った際はぜひ一度問い合わせをしてみてはいかがだろうか。

日本外車部品株式会社
神奈川県川崎市宮前区宮崎649-3MDRビル
TEL:044-877-0170 FAX:044-888-0156