まったく新しいコンセプトのツールケースが登場!

キャリーバッグ

こんなケースみたことない!
2017SK SALE の注目アイテムは、キャリーバッグタイプ。
スタイリッシュに工具を持ち運べる、新スタイルの提案です。

キャリーケース

各種ハンドツールで根強いファンを持つ京都機械工具㈱(宇城邦英社長)は、4月20日まで毎年恒例のSKセールを展開中だ。今回の商品ラインナップは従来とは少し趣きが異なっており、その中でも一際目につくのが、今回紹介するキャリーバッグタイプのツールケースである。

まず、「キャリーバッグ」を謳う以上、航空機の機内に持ち込めるサイズ(3辺の合計が115cm以下)をクリアしている。また、天面が硬い素材でできているため、スツール(椅子)としてもデスクとしても使えるすぐれものとなっている。

それもそのはず、本商品はアメリカ・カリフォルニアで生まれたバッグブランドであるZÜCA(ズーカ)とのコラボモデルとなっているのである。そもそも、同ブランドのキャリーバッグは人が座れることを前提にしている安定したフォルムと堅牢な構造が特長で、世界中のビジネスマン、ビジネスウーマン、スポーツアスリート、カメラマン、メイクアップ&ネイルアーティストなどから高い支持を集めている。

人が座れるだけあって、ホイールも大型のポリウレタン製のものを採用しており、フレームも軽くて丈夫なアルミ製で対荷重は136kgを誇る。

詳細は特設サイトを参照のこと。

http://sk.ktc.jp/2017/recommend/zuca.html