国内の生産及び新車・中古自動車の販売台数2015年4月

自動車販売台数2015年4月

新車の国内4 輪自動車生産台数

4 月の国内4 輪車生産台数は、合計で71 万3,155 台(対前年同月比92.5%)と、10 カ月連続で前年を下回った。
車種別では乗用車が普通車で35 万9,572台(同98.6%)、小型四輪車で10 万9,299 台(同80.2%)、軽四輪車で12 万3,373 台(同81.5%)。
トラックは普通車で5 万796 台(同106.8%)、小型四輪車で2 万6,310 台(同101.6%)、軽四輪車で3 万1,719 台(同92.7%)。バスは大型で1,011 台( 同138.3 %)、小型は1 万1,075 台(同114.2%)だった。

2015年4月国産自動車メーカーの国内4 輪自動車生産台数

メーカー3月生産台数(対前年同月比)4月生産台数(対前年同月比)15年1 〜4 月累計(対前年比)
トヨタ294,514 台(95.0%)247,247 台(97.0%)1,069,414 台(92.3%)
日産77,069 台(86.8%)63,311 台(100.3%)309,272 台(97.4%)
ホンダ62,840 台(66.1%)51,944 台(65.9%)238,506 台(67.0%)
マツダ86,437 台(99.1%)68,174 台(88.6%)305,191 台(92.8%)
三菱64,259 台(100.4%)46,475 台(84.2%)220,167 台(99.5%)
富士重工(スバル)64,682 台(104.2%)72,529 台(104.7%)309,501 台(110.2%)
ダイハツ76,895 台(95.8%)52,951 台(86.9%)277,728 台(95.6%)
スズキ102,556 台(99.5%)84,635 台(98.2%)355,356 台(98.4%)
日野自動車13,040 台(97.3%)12,167 台(101.8%)49,661 台(100.1%)
いすゞ24,268 台(99.3%)--
三菱ふそう10,285 台(109.2%)--
UDトラック1,643 台(85.7%)--
その他---
合計878,488 台(93.5%)713,155 台(92.5%)3,193,352 台(93.0%)

メーカー別では、生産台数を発表していない一部トラックメーカーを除いた9 社のうち日産、富士重工業(スバル)、日野の3 社が前年比プラスだった。特に、北米市場に支えられた富士重工業(スバル)は7万2,529 台(同104.7%)で、14 カ月連続で増加。
4 月単月として過去最高を記録した。一方、リコール問題が長引いたホンダは5 万1,944 台(同65.9%) と、9 カ月連続で落ち込んでいる。

海外生産台数は、トヨタ、日産を除く全てが前年同月比プラス。特に、北米とアジアが好調なホンダと、マレーシアで増産となったダイハツが4 月単月として過去最高を更新。
また近年、海外の生産拠点を増やしているマツダは13 カ月連続で、北米が好調な富士が10 カ月連続で前年を上回っている。

続いて、4 月の輸入車新規登録台数は1 万7,881 台(同114.8%)で、2 カ月振りに前年を越えた。

2015 年3 月度、4 月度輸入車新規登録台数

 3月新規登録台数(対前年同月比)4月新規登録台数(対前年同月比)
輸入車総計45,230 台(92.4%)17,881 台(114.8%)

※すべての数字は乗用車、商用車の合計
※輸入車は日本自動車輸入組合発表により、 日本メーカー車を含む

国内新車販売台数

4 月の国内新車販売状況は、総合計で31万9,474 台(対前年同月92.5%)と4 カ月連続で前年を下回った。車種別では小型乗用車と軽自動車を除く全てで前年を越えている。
登録車のブランド通称名別では、上位からアクアが1 万5,555 台、プリウスが8,769 台、フィットが8,372 台、エスクァイアが7,503台、カローラが7,331 台と、低燃費車が上位を占めている。また、軽自動車では上位からN BOX が1 万218 台、ハスラーが1 万15 台、ムーヴが8,239 台、タントが8,043 台、ワゴンR が7,461 台だった。
大衆車と呼ばれる車種が、いずれも前年に比べて大幅に下回っていることから、当初の予想よりも消費増税の影響が長引いていると思われる。また、4 月に増税された軽自動車税の影響が顕著に表れた。

2015 年4 月の国内新車販売台数

車種当月(A)前年(B)A/B(%)15 年累計14 年累計対比(%)
普通乗用車81,90975,636108.3490,799584,15884.0
小型乗用車88,33189,85098.3493,053562,74987.6
小計170,240165,486102.9983,8521,146,90785.8
普通貨物車9,7216,817142.662,45856,062111.4
小型貨物車17,47215,918109.890,38990,79099.6
小計27,19322,735119.6152,847146,852104.1
バス938643145.95,2154,766109.4
登録車合計198,371188,864105.01,141,9141,298,52587.9
軽自動車121,103156,35777.5756,416891,31184.9
総合計319,474345,22192.51,898,3302,189,83686.7

国内中古車販売台数

4 月の中古車販売台数は、合計で30 万7,315 台(対前年同月103.3%)と7 カ月振りに前年比プラスに転じた。車種別では普通貨物、小型貨物、その他を除く全項目で前年を上回った。

2015年4月の中古車販売台数

車種当月(A)前年(B)A/B(%)15 年累計14 年累計対比(%)
普通乗用車136,067123,589110.1602,259612,35798.4
小型乗用車131,846131,642100.2606,587662,27391.6
小計267,913255,231105.01,208,8461,274,63094.8
普通貨物車13,60115,59287.254,93856,71296.9
小型貨物車17,72018,22297.273,70876,21196.7
小計31,32133,81492.6128,646132,92396.8
バス1,6241,474110.24,8024,487107.0
その他6,4577,02991.925,29925,113100.7
合計307,315297,548103.31,367,5931,437,15395.2

出展:自販連

今後の国内生産及び国内中古車販売予測

日本自動車工業会の発表によると、’15 年度の国内新車販売台数は、’14 年度より5.8%少ない499 万1,900 台と予測してる。
当面は、軽自動車税増税の反動による買い控えが影響する。また、消費税が10% に引き上げられる2017 年4 月に向けて駆け込み需要が発生し、その後は反動が懸念される。
長期では輸出台数の減少に国内市場の縮小が続くと見られ、国内生産台数の減少は避けられない見込みだ。

ライター/山口 清憲