国内の生産及び新車・中古車の販売状況(3月分)

●新車の国内4輪車生産状況

 2019年3月の国内4輪車工場出荷台数は、データの集計時期が変更になったのか、本来データが掲載されるはずの月報に掲載がなかったため、今回に限り省略させていただく。

 3月のメーカー別生産台数は、表1にあるように主要8社のうち1社のみが前年を上回るなど、明暗がくっきり分かれた。

表1:2019年2月、3月の主要8メーカーの国内4輪車生産状況

メーカー 2月生産台数(対前年同月比) 3月生産台数(対前年同月比) 18年度累計台数(対前年比)
ト ヨ タ 312,920台 (111.7%) 321,499台 (105.9%) 3,212,906台 (100.4%)
日  産 73,104台 (82.7%) 77,732台 (78.2%) 900,781台 (91.4%)
ホ ン ダ 82,187台 (110.5%) 80,461台 (97.2%) 911,837台 (110.0%)
マ ツ ダ 91,326台 (104.7%) 90,118台 (95.7%) 1,010,160台 (102.4%)
三  菱 52,009台 (86.5%) 58,036台 (83.7%) 660,880台 (112.1%)
ス バ ル 47,414台 (79.3%) 56,576台 (87.8%) 616,987台 (88.0%)
ダイハツ 84,529台 (101.4%) 82,923台 (92.2%) 929,166台 (100.1%)
ス ズ キ 78,665台 (95.9%) 90,257台 (98.8%) 1,010,657台 (104.1%)

(出典:各メーカー)

 トヨタは前々月に続いて、国内生産及び輸出が前年を上回り、32万1,499台(対前年同月比105.9%)と3ヵ月連続で前年比プラス。一方、日産は中国での生産・販売のみが前年を上回っただけで国内外含めた生産・販売はすべて落ち込み、国内生産は7万7,732台(同78.2%)と前年比マイナスとなった。

 ホンダは国内販売の6ヶ月ぶり減少が響いたか、生産も8万461台(同97.2%)と9ヵ月ぶりの前年比マイナス。マツダはCX-3の国内生産や輸出が好調だったものの、国内外のアクセラの生産の落ち込みが激しく9万118台(同95.7%)と6ヵ月ぶりに前年比マイナス。

 三菱は前々月同様アジア向けの輸出・生産が好調だったものの、国内販売がデリカD:5とアウトランダーPHEV以外が奮わず国内生産は5万8,036台(同83.7%)と2ヵ月連続で前年比マイナスとなった。

 スバルはフォレスターの国内販売が好調な一方、インプレッサ、XVが奮わず、国内生産も操業条件の変更に伴い、5万6,576台(同87.8%)と8ヵ月連続で前年比マイナスとなった。ダイハツはマレーシアでの生産・販売が好調だったものの、8万2,923台(同92.2%)と3ヵ月ぶりに前年比マイナスとなった。

 スズキは新型ジムニー、ソリオなどの国内販売が好調ながらも、輸出向けの生産が減少した影響で国内生産は9万257台(同98.8%)と2月連続で前年比マイナスとなった。

 続いて3月の輸入車新規登録台数は、表2にあるように4万2,922台(同92.7%)と4ヵ月ぶりに前年を下回った。

表2:2019年2月、3月の輸入車新規登録台数

  2月新規登録台数(対前年同月比) 3月新規登録台数(対前年同月比)
輸入車総計 27,674台 (100.3%) 42,922台 (92.7%)

※すべての数字は乗用車、商用車の合計

※輸入車は日本自動車輸入組合発表により、日本メーカー車含む

●国内新車販売状況

 3月の国内新車販売状況は、表3にあるように総合計で64万813台(同96.0%)と3ヵ月ぶりに前年を下回った。車種別では前月とは一転、貨物車のみが前年比プラスだった。

表3:2019年3月の国内新車販売状況

車  種 当月(A) 前年(B) A/B(%) 19年累計 18年累計 対比(%)
普通乗用車 204,379 216,557 94.4 469,580 472,407 99.4
小型乗用車 152,875 162,341 94.2 366,443 381,329 96.1
小  計 357,254 378,898 94.3 836,023 853,736 97.9
普通貨物車 23,989 23,626 101.5 50,800 48,998 103.7
小型貨物車 33,663 32,951 102.2 75,525 70,904 106.5
小  計 57,652 56,577 101.9 126,325 119,902 105.4
バ  ス 2,467 2,609 94.6 4,483 4,546 98.6
登録車合計 417,373 438,084 95.3 966,831 978,184 98.8
軽自動車 223,440 229,193 97.5 561,384 562,509 99.8
総 合 計 640,813 667,277 96.0 1,528,215 1,540,693 99.2

 (比率を除き 単位:台)(出典:自販連、全軽自協)

 メーカー別では、主要8社のうちスズキのみが前年を上回った。前年マイナスとなった7社のうちスバルは8ヶ月連続で前年割れと長期低迷が続いている。

 登録車のブランド通称名別は、上位からノートが1万6,647台、アクアが1万5,874台、プリウスが1万5,541台、セレナが1万2,420台、ヴィッツが10,977台で、ヴィッツは久々のベスト5入りだった。

 また軽自動車は上位からN-BOXが2万6,418台、スペーシアが1万8,848台、タントが1万8,525台、ムーヴが1万5,978台、デイズが1万5,851台だった。

●国内中古車販売状況

 3月の中古車販売状況は、表4にあるように総合計で46万5,626台(同97.1%)と、3ヵ月ぶりに前年を下回った。車種別では前月から一転、普通乗用車とバスのみが前年を上回った。

表4:2019年3月の中古車販売状況

車  種 当月(A) 前年(B) A/B(%) 19年累計 18年累計 対比(%)
普通乗用車 223,379 220,633 101.2 510,848 488,724 104.5
小型乗用車 192,518 205,832 93.5 425,117 439,645 96.7
小  計 415,897 426,465 97.5 935,965 928,369 100.8
普通貨物車 17,259 18,606 92.8 40,305 40,857 98.6
小型貨物車 23,476 25,041 93.8 53,835 55,061 97.8
小  計 40,735 43,647 93.3 94,140 95,918 98.1
バ  ス 1,565 1,517 103.2 3,150 3,003 104.9
そ の 他 7,429 8,046 92.3 16,803 17,303 97.1
総 合 計 465,626 479,675 97.1 1,050,058 1,044,593 100.5

(比率を除き 単位:台)(出典:自販連)

●2018年度の国内生産状況

 2018年度の国内生産状況は主要8社のうち6社が前年度プラスで、マツダ、三菱を除いて3期連続のプラスとなった。特にスズキは過去最高の数字となった。

 一方、日産とスバルの2社は前年度マイナスとなり、特にスバルは2期連続のマイナス。販売の落ち込みも顕著であり、今後の動向に注目が集まる。