国内初 日本ホイール修理協会が誕生

日本ホイール修理協会

自動車アルミホイール修正・修理業界団体が誕生

アルミホイール修理技術・器具の精度保持、品質の向上を図る

日本国内において自動車のアルミホイール修正・修理の安全確保及び環境保全を行う有志企業で、アルミホイール修理技術・器具の精度の保持、品質の向上を図ることにより自動車の安全確保及び環境保全に貢献し、国民生活の向上及び産業の発展に寄与することを目的に「一般社団法人日本ホイール修理協会」(代表理事:石栗敏夫、有限会社マルゼンオート代表取締役)が設立された。
去る6月13日に記者発表(写真)が行われ、同協会が推進していく活動は以下の通り。

□ ホイール修理技術の普及向上及び技術講習・研修会

ホイール修理の技術基準の調査及び研究を推進しお客さまの安心、安全性向上のために修理技術の基準を定め、技術向上のために修正技術、溶接技術、塗装加工技術等に細分化して調査研究し、講習会、研修等を開催し、会員の技術の普及向上及び国民の安全確保に努めていく。

□ 修理技術適合試験

ホイール修理技術の分類別基準を確定し、資格認定をすることにより、ユーザーのホイール修理技術の判断基準をアシストし、安全向上に努める。

□ 経営支援情報

当協会では、経営支援の一環として企業経営に役立てていただける取組みを行っていく。

□ 海外技術協力

技術協力とは、開発途上地域の開発を主たる目的として日本の知識・技術・経験を活かし、同地域の経済社会開発の担い手となる人材の育成を行う協力のことをを指す。同協会ではアルミホイール修理の技術や技能、知識を開発途上国に移転し、技術水準の向上,制度や組織の確立や整備などに寄与していく。

□ 広報活動や啓発活動

行政、関係機関、損保会社等との連携強化を図り、自動車関係事業者、一般消費者等に協会がどのような姿勢、活動をしているのか等、分かりやすく伝えることにより活動への参加者、協力者を得ていく。

■ 法人の概要

一般社団法人 日本ホイール修理協会
Japan Wheel Repair Association(jwra)
所在地:〒335-0034
埼玉県戸田市笹目8-16-17
設 立:平成28年5月10日
役 員:代表理事 石栗敏夫
専務理事 長谷川勇

一般財団法人日本ホイール修理協会
〒335-0034 埼玉県戸田市笹目8-16-17
TEL:048-485-8401
http://www.jwra.jp/