アナログ媒体からHPをみてもらう方法とは

ネット集客

ホームページの情報量は無限

前号では「地域限定ビジネスとインターネット広告は相性が良い」ということをお伝えしました。共感されるホームページを作り、地域を限定したインターネット広告を活用することで、地域ユーザーにあなたのお店のことを知ってもらえる可能性が高まるということです。

地域ユーザーにあなたのお店のことを知ってもらうためには、インターネット集客の他に、チラシやハガキ、ダイレクトメールなどのアナログ媒体からホームページを見てもらうこともできます。チラシやハガキは紙面の関係でお客さまに伝えられる情報量は限られますが、ホームページの場合情報量は無限です。多くの情報を伝えることができます。チラシやハガキなどのアナログ媒体からホームページに誘して、最新情報などをタイムリーに見てもらうことができるのです。

QRコードを活用しよう!

チラシからホームページを見てもらうのに適しているのが「QRコード」を使った方法です。最近はスマートフォンの使用率が高まり、QRコードを使った仕組みも増えています。QRコードを使ったアクセス方法は、名刺や封筒、看板、チラシやDMなど、全ての媒体に表示させることができます。アナログ媒体からインターネットへのアクセスを促すことができるようになるのです。

この整備工場のホームページは、当社で構築したものですが、QRコードを積極的に活用しています。あなたのスマートフォンから閲覧してみてください。カンタンにホームページが閲覧できて、多くの情報に接することができるようになっています。内容別にページを作り分けることで、最新の中古車情報や、車検獲得、鈑金獲得など、意図したページへダイレクトにお客さんを案内できるのが「QRコード」なのです。

適切に構築されたホームページを持ち、アナログ広告とインターネットをQRコードで結びつけることで、新規客と既存客に多くの情報を提供できるようになります。

ホームページは、インターネット上だけで活用するものではありません。チラシやハガキからアクセスを促す仕掛けを作ると、既存客や地域ユーザーなど、アナログ媒体からのアクセスも集めることが出来るようになります。

ぜひあなたも、QRコードを上手に活用して、多くのお客さんを自社ホームページに誘導してみてください。既存客や地域客にもとても有効な集客方法が、アナログ媒体からQRコードを使ってホームページを見てもらう方法です。

関谷 秋彦

中古車店・整備工場専門のホームページ制作会社。代表取締役兼WEB ディレクター。元ディーラーフロントマン。中古車店・整備工場専門のホームページ制作会社を経営し、顧客は全国に数十社。中古車販売店や整備工場のホームページ制作を行う傍ら、顧客フォローや集客のアドバイスを行っている。

ホームページのご相談は ▶ http://digitalconvergence.jp