整備工場もインターネットで集客できる

ネット集客

「車検をどこにお願いしようか?」「愛車の調子が悪い」そんな時にインターネットで整備工場を探すお客さまが増えています。しかし実際には「インターネットで検索しても良い整備工場が見つからない」と不満に思われているお客さまが多いのが現状です。なぜ、インターネットで良い整備工場を見つけることができないのでしょうか?

これには明確な理由があります。それは「お客さまの求めている整備工場の情報」と「あなたがお客さまに伝えたいと思っている情報」が合っていないのが原因です。
お客さまが知りたい整備工場の情報がインターネット上に無いため、結果的にあなたの工場のホームページまでお客さまがたどり着かないのです。ではどのような情報を提供すれば、お客さまはあなたの整備工場に来てくれるのでしょうか。

お客さまが知りたい整備工場の情報とは?

お客さまが知りたいと考えている整備工場の情報とは、「自分の車の情報」です。お客さまは、自分の車の情報をインターネットで探しています。たとえば、クラウンに乗っているお客さまなら、クラウンの故障修理の状況や、クラウンが実際に整備工場に入庫して車検整備を済ませて出るまでの「クラウン車検入庫体験記」などのような、実際の入庫体験記をインターネットで探しているのです。

情報のミスマッチを無くすこと

お客さまは、自分のクルマに関する情報や整備情報を求めているのに対して、多くの整備工場がインターネット上で公開している情報は、車検料金の割引情報や、入庫キャンペーンやお得な油脂情報など、「お店が伝えたい情報」がほとんどです。ここで情報のミスマッチが起きています。

日々の業務こそがお客さまが知りたい情報です

キャンペーンのお知らせや割引情報などの「お店が伝えたい情報」ではなく、今日はどんなクルマが入庫してどうなったというような「お客さまの知りたい情報」、つまり「整備工場の整備日記」をインターネット上に公開するようにしてみて下さい。日々の入庫情報や整備状況などをインターネット上に地道に公開していくだけで、それがお客さまの知りたい情報となり、あなたの整備工場をインターネットで見つけてくれるきっかけになるのです。

多くの整備工場では、お客さまの知りたい情報ではなく、お店の伝えたい情報ばかりを掲載しています。この情報のミスマッチが続く限り、あなたの整備工場はお客さまに見つけてもらうことはできません。僕たちが実践して実際に成果が出ている方法ですので、ぜひ実践してみてくださいね!日々あなたの整備工場に入庫している整備工場日記を公開することで、あなたの整備工場を見つけてくれるお客さまは必ず増えるようになるはずです。

関谷 秋彦

中古車店・整備工場専門のホームページ制作会社。代表取締役兼WEB ディレクター。元ディーラーフロントマン。中古車店・整備工場専門のホームページ制作会社を経営し、顧客は全国に数十社。中古車販売店や整備工場のホームページ制作を行う傍ら、顧客フォローや集客のアドバイスを行っている。

ホームページのご相談は ▶ http://digitalconvergence.jp