TAG

スキャンツール

自動車スキャンツールについて、活用方法やスキャンツール比較、自動車整備で求められるスキャンツールの使い方をご紹介しています。スキャンツールとはどういったものか基礎な部分から

  • 2017年1月25日

スキャンツール基本セミナー

あいおいニッセイ同和 自動車研究所技術セミナーのご案内 あいおいニッセイ同和自動車研究所では高い技術を誇る自前の講師陣がモーター代理店の皆様をサポートし、 最新技術を取り入れた研修を行っています。今回は3月開催の常設セミナーをご案内します。 ※詳しい […]

  • 2016年7月13日

G-scan スキャンツール研修会情報

圧倒的な対応システム数と対応項目数で様々なニーズに応えているG-scanを販売する㈱インターサポートは、アフターサービスの一環として研修センターによる研修会を開催する。 この技術研修会はG-scan及びG-scan2を購入したユーザーを対象に、G-s […]

  • 2016年7月1日
  • 2016年7月11日

本日開始!スキャンツール 補助金 2016 7月1日~7月29日

国土交通省は一定要件を満たすスキャンツール本体の購入経費の一部を補助するための公募を開始した。公募予算額は1億円とし、予算額に達した時点で公募は終了する。 公募期間は平成28年7月1日(金)~7月29日(金)  ※申請の合計金額が予算額に達した場合、 […]

  • 2015年12月22日
  • 2017年7月5日

アクチュエーター・アクティブテストの活用法

自動車整備工場における故障診断整備のススメ 今年もスキャンツールを活用しよう! 2年前の2014年1月号で触れた「コンピューター制御の基本的な考え方」を覚えていらっしゃるでしょうか? 下図のような連携によって自動車のコンピューター制御は成り立っている […]

  • 2015年11月24日
  • 2015年11月24日

スキャンツール診断結果の活用方法

自動車整備工場における故障診断整備のススメ 診断結果の活用法について考える 「故障診断整備のススメ」を毎月欠かさずチェックしている読者なら積極的にスキャンツールを活用していると思います。しかし、ほとんどのメカニックは故障コードの呼び出しと消去のみを使 […]

  • 2015年9月3日

自動車スキャンツールの導入について

スキャンツールの導入について 毎回スキャンツールの記事が掲載されいるが、そもそも、スキャンツールはお持ちだろうか。持ってもいないのに、スキャンツールはこんなものだと決めつけているメカニックはいないだろうか。 そういう人の中には、今まで勘と経験でやって […]

  • 2015年8月25日
  • 2015年8月24日

自動車整備工場の集客方法に必要なもの

自動車整備工場における故障診断整備のススメ 自動車整備工場の集客方法に必要なもの 道具を使って集客する 故障診断整備のススメでは、スキャンツールの活用、普及を目的としている。スキャンツールは絶対的に必要な工具としての市民権を既に持ち得ている。しかし、 […]

  • 2015年7月23日
  • 2015年9月8日

スキャンツールの現状と付き合い方

イマドキのスキャンツールの現状とその付き合い方 人間の歴史始まって以来、いち個人がこれほど多くの情報を取得できる時代はなかった。21世紀に入り急速に進化したIT技術が後押ししてのことだが、その情報伝達の主な担い手は、言うまでもなく携帯電話とパソコン。 […]

  • 2015年7月23日
  • 2015年9月8日

車体整備工場にもスキャンツールは必要か?

スキャンツールを考える 国土交通省が進めている「汎用スキャンツール普及検討会」は、“自動車整備工場がクルマを修理する上でスキャンツールが必要である”という観点から汎用スキャンツールの普及促進に向けた話し合いがメインとなっている。 特に図のピラミッドの […]

  • 2015年7月7日
  • 2015年8月7日

電気の見える化最終手段とは

自動車電機の基本③ 苦手分野を克服し、知り、そして何故? を追求する 自動車整備工場における故障診断整備のススメ 電気を見える化する最後の手段、配線図 一般的に電気が嫌いなメカニックが多いため、その理由や改善策などを2ヶ月に亘って説明をしてきました。 […]

 data-src=有償運送許可研修を毎月開催" width="650" height="178" >

有償運送許可研修を毎月開催

せいび広報社では毎月、事故車故障車等の排除業務に係る有償運送許可の研修会を実施しています。会員限定ではなく、全国どの地域からも、法人・個人事業主でもどなたでもご参加いただけます。研修の受講者は、会社の代表者・経営者に限らず、従業員の方でしたらどなたでも、会社を代表して受講していただくことが可能です。

CTR IMG