家業から企業へ変えた! ~利益35倍への軌跡~

勝てる社長の法則DVD

第2弾 株式会社松尾モータース(自動車販売業)編

今や学習といえば、単に本を読んだりするだけでなく、映像で学ぶこともごくごく当たり前になっている。そうした背景から誕生したのが、ここで紹介する「小山昇に学んだ勝てる社長の法則Ⓡ DVDシリーズ」である。

このDVDは、中小企業経営のカリスマである、㈱武蔵野 代表取締役 小山昇氏が、氏の主催する「経営サポートパートナー会員」600社の中から、自らが選抜した企業の成功の秘密を公開するDVDシリーズである。このうち、今号から3 ヶ月に亘って紹介するのは、読者にもなじみの深い自動車販売業・㈱松尾モータース(松尾章弘社長)の成功事例の一端である。

みどころ① 環境整備の導入

現在でこそ、ダイハツ・スズキの販売台数兵庫県でNo.1(2012年)を達成したり、自動車整備部門でも年間車検台数3,000台、オイル交換など月間800台の入庫、保険の新規契約件数4年連続No.1を記録するなど、輝かしい業績の松尾モータースだが、一時は倒産寸前にまで追いやられた過去がある。

その要因の一つが、営業社員全員が一斉に退職してしまったことである。社員が辞めること自体は、業界を問わず珍しいことではない。問題はなぜ、一斉になのか? ということになるが、詳しくはDVDを観ていただくとして、一言でいえば、社長と社員のコミュニケーション不足にあった。

これを解消できたのが、みどころの1つ目、「環境整備の導入」である。実際にやることといえば、読んで字の如く、(職場)環境を整えることである。ただし、その効果はあくまでも表面上のものでしかなく、副産物として、というか実はこちらの方が主産物なのかもしれないが、結果として社長を含めた職場の人間間のコミュニケーションが円滑に取れるようになることなのである。

この環境整備に限らず、やり方を学ぶことは、学ぶ意識さえあれば難しいことではない。一番難しいのは実際にやってみること、また、やり続けることである。なぜ難しいかといえば、新しいことを始める際には必ず抵抗勢力があるからである。その中でも特に反発の厳しいのが、自ら培ってきた経験に凝り固まったベテラン社員である。松尾モータースも創業から53年だけあって、ベテラン社員もそれなりにいた。こうしたベテラン社員を動かすために、松尾章弘社長の取った秘策とは?

小山昇に学んだ成功企業のヒケツをシリーズにて大公開!

勝てる社長の法則DVD
● 小山昇と松尾社長の特別対談
● 松尾社長インタビュー
● 株式会社松尾モータースの社員3名のインタビュー
● 改善事例映像
コンテンツ多数収録! (全編約45分)
価格:39,800円(税別)(税込価格 42,984円)

お問合せはこちら http://president-power.com/