車内温度を一番早く下げる方法を検証 夏の暑さ対策

車暑さ対策

ロードサービス、各種啓蒙活動、モータースポーツ主催等の事業に関する情報を公開しているJAF(一般社団法人・日本自動車連盟)は、車内の温度をいち早く下げるための方法を検証し、測定結果を公表した。

検査方法は、同じクルマを5台用意し、車内温度が55℃になったタイミングで5名のモニターがそれぞれ違う方法で温度低下に挑戦。計測器の温度センサーは運転席と助手席の中央、乗員の顔の高さに設置し、経過時間ごとの温度変化を測定した。

検証方法

  1. ドア開閉
  2. 冷却スプレー
  3. エアコン「外気導入」
  4. エアコン「内気循環」
  5. エアコン+走行

これらのなかで一番早く車内温度を下げられた方法は・・・

車内温度下げ方

結果、一番早く車内温度が下がったのは、「エアコン+走行」であった。開始から2分もしないで車内温度を30℃以下にまで下げることができた。

実際には、車内が高温になっていると、ハンドルなどの肌が触れる部分が高温になっており、やけどをしてしまうことも。特に子供はチャイルドシートやシートベルトの金具など十分に注意が必要。

夏場は直射日光があたる駐車場などにとめた場合、ダッシュボードなどは約70℃まで上昇するといわれている。サンシェードなどを利用して車内の温度を上げない工夫も必要だ。

JAFの検証ではこのほかに、車体に水をかける方法も検証しているが、バケツ3杯分の24リットルの水をかけても車内温度は0.9℃しか下がらず効果はなかった。