千整振青年部が全体研修会を開催「2020年に向けた千葉県整備業」

NEWS情報

一般社団法人千葉県自動車整備振興会(出野祥平会長)は、青年部協議会活動の一環として、去る3月8日、千葉県自動車会館にて青年部全体研修会を開催した。

研修の前段階として、青年部全体で実施した経営アンケートの調査結果、各ブロック会長・副会長が出席した座談会の意見などを基にこれからの工場経営の在り方を「2020年に向けて」と題した冊子にまとめ、これをベースに講演を行った。 講師は同会の会報「轟」でも好評執筆中の㈱ティオの山本 覚氏。講演は2020年の市場環境と業界規模から始まり、次いでアンケートの集計結果、最後に2020年への提言で締め括った。
アンケート集計結果は、単に意見の多かった項目について言及するだけでなく、ぜひやっておくべき項目についてアドバイスするなど、的確な内容で好評を博した。