自動車リサイクル料金はいくら?

リサイクル

自動車リサイクル料金は車の大きさやエアバックの有無などを踏まえて、自動車メーカー等が設定・公表しています。料金はおよそ6千円から1万8千円くらいですが、車両によって変わってきます

各自動車メーカー・輸入販売業者が自動車リサイクル料金をホームページで公表しています。

確認はこちらから http://www.jarp.org/duties/standard_fee.html

自動車リサイクル料金の支払いはいつするのか?

自動車リサイクル料金は、新車購入時に自動車ユーザーが負担することになります。料金を支払うとリサイクル券(預託証明書)が発行されるので、車検証と一緒に大事に保管する必要があります。

自動車リサイクル料金は誰が管理するのか

リサイクル料金の管理・運用については、将来必要となるときまでに減失することがないよう国が指定する資金管理法人(第3者機関)自動車リサイクル促進センターが行っています。

自動車リサイクル料金は追加徴収や返還されたりするのか

リサイクル料金は、資金管理法人に集められた金額に運用利益を加えたものが、自動車メーカーに払い渡させることになります。原則追加の料金はありませんが、エアコンやエアバッグ等の装備をあとから追加した場合には、追加分のリサイクル料金を廃車時に支払うことがあります。

また、自動車リサイクル料金の変換についても原則はありませんが、国内でリサイクルがされないと明らかな場合(中古車として車を輸出した場合など)は適正な申請に基づいて、自動車の最終所有者にリサイクル料金が返還されます。この払い戻しの申請ができるのは車を輸出した日から2年間となっています。

廃車した車が適正にリサイクルされたか確認することはできるのか

車の最終使用者が廃車にしようと引き取り業者に渡した車が適正に処理されているの確認することができます。

使用済み自動車のリサイクル工程の管理は電子マニフェスト制度が導入されており、これは各段階の事業者と情報管理センターをインターネット等で結び、使用済み自動車を引き取った時と引き渡したときの双方に、一定の報告を行うことで、適正にリサイクル工程が進捗していることを確認するシステムです。

ユーザーの意思に反して引取車を転売するなどの行為をすることは法律で禁止されています。再販する場合はユーザーとの合意が必要になり、売買契約書などを取り交わしましょう。

下記URLからあなたの車が処理されているのかホームページで状況を確認することができます。

詳しくはこちら http://www.jars.gr.jp/gus/exju0010.html