KTC ラチェットスタッビドライバ DBRS06 新発売

ラチェットスタッビドライバ

自動車工具などを製造する京都機械工具株式会社(KTC)は2016年8月より、「ラチェットスタッビドライバ」(DBRS06)を発売すると発表した。

DBRS06は先端ビット交換式のラチェットドライバシリーズのニューモデル。コンパクトなスタッビタイプなので、自動車車内のグローブボックスやハンドル下、エンジンルームなど、高さや奥行きがない狭い場所で使用できる。

先端ビットを交換することで、一般家庭にもよく使われているプラスNo.1、No.2、六角3mm、4mm、5mm、6mmの6種類のねじに対応、ビットはグリップエンド部に収納できる。早回しに便利なラチェット機構は締め・緩め両方向に切り替え可能。また、ラチェットを固定することで通常のドライバとしても使用できる。

小売参考価格は2,990円

ktc-dbrs06

製品特徴

●先端ビット交換式のラチェットスタッビドライバです。
●自動車車内のグローブボックスやハンドル下、エンジンルームなど、高さも奥行もなくてスタンダードドライバが使用できない個所での作業に有効です。
●付属のビット5本はグリップエンドに収納可能です。
●締め・緩めのラチェット操作および、ラチェットの固定により通常のドライバとしても使用可能です。

http://ktc.jp/