フィット ハイブ リッドをフルモデルチェンジ

HONDAフィット

ハイブリッド最高の低燃費を実現!
ガソリン車もクラストップの低燃費!

HONDA

Hondaはコンパクトカー、フィット・フィット ハイブリッドをフルモデルチェンジして、9月6日より発売を開始した。
3代目となる今回の新型フィットは、世界のコンパクトカーのベンチマークにふさわしいクルマを目指して開発。

コンパクトカーの概念を刷新した初代フィットの設計思想を継承しながらも、パワートレインと車体を完全新設計し、居住性、燃費性能、デザイン、走りのすべてを格段に進化させた。
ハイブリッド車は、シンプルな1モーターシステムでありながら、EV発進を可能にした新ハイブリッドシステム「SPORT HYBRID(スポーツ ハイブリッド)i-DCD」を搭載。走行状況に応じて、EVドライブ、ハイブリッドドライブ、エンジンドライブの走行モードの中から、最も効率の良いモードを自動的に選択することで、国内最高の低燃費36.4km /ℓ(JC08モード)と、全域でのレスポンスの良い走りを実現した。

1.3ℓのガソリン車は、低燃費運転と高出力運転を両立した新開発エンジンを採用したことで、従来のハイブリッド車に匹敵するクラストップレベルの26.0km /ℓ(同)の低燃費を実現。1.5ℓのガソリン車はHonda独自の直噴技術によって圧倒的なハイパワーを達成し、力強い走りと爽快なドライビングフィールを実現した。