あおり運転に5年以下の懲役

2020年6月30日

 6月2日改正道交法が衆議院本会議で可決・成立し、あおり運転に対して最高で5年以下の懲役を科すなど罰則が強化される。

 あおり運転となる主な違反行為として、急ブレーキや車間距離をつめる行為など10種類型を規定し、取り締まりの対象となる。

あおり運転となる主な違反行為として以下が挙げられる。

・車間距離を詰める

・急ブレーキ

・割り込み運転

・幅寄せや蛇行運転

・クラクションでの威嚇

・危険な車線変更

・パッシングでの威嚇

・最低速度未満での走行

・違法な駐停車

PR