NO IMAGE

主要16 ヵ国のEV・PHV 向け充電インフラ市場を調査

 総合マーケティングビジネスの株式会社富士経済は、EVやPHVの普及に伴い、普通充電器や急速充電器を中心に需要が増加しているEV・PHV向け充電インフラについて、中国や北米など主要16ヵ国の市場を調査の概要を発表した。

 

■主要16か国のEV/PHV向け充電インフラのストック市場

 

2019年見込み

2018年比

2035年予測

2018年比

急速充電器

249,347個

147.9%

723,600個

4.3倍

ワイヤレス給電システム

3,530台

2.3倍

5,006,500台

3,209.3倍

普通充電器

473,875個

128.3%

2,084,700個

5.6倍

 ワイヤレス給電システムが、現状では数千台にとどまるものの、中国や米国を中心に普及が進んでいる。2025年頃から市場は急拡大していくとみられ、2030年頃には普通充電器の設置台数を上回ると予想される。