オルタライフが新規工場・事業拡大を支援

自動車整備機器・工具のリサイクル店

自動車整備業界の内需を充実させ
外需への足がかりとする

中古機械工具販売のオルタライフがこのほど日本政策投資銀行の全面的なバックアップの下、自動車整備工場の独立開業・事業拡大の支援が行えるスキームを締結させた。オルタライフからの機材購入を条件として上限500万円までをオルタライフが貸し付ける(図参照)。

自動車ビジネス拡充支援

オルタライフオルタライフからの機材購入を前提に、資金提供を行うことで自動車整備工場や板金工場等の開業・設備拡充/増強を支援。
対象工場は社債を発行するのみで複雑な手続きは必要なし(社債発行に必要な手続きについては、サポート可能)。社債の詳細条件(期間、金利等)については、別途ご相談。

株式会社日本政策投資銀行

企業ファイナンス部調査役 五嶋 翔平

わが国の自動車産業は新陳代謝が活発な産業です。更にマーケットとしても非常に優秀な産業で、保有台数の増加や市場規模の増加も見られています。国内において、自動車産業をさらに活性化させるための金融政策として今回、締結の運びとなりました。元々何らかのビジネスモデルに対し、ファンドの募集をかけた際に、オルタライフが名乗りを上げました。

国としてオルタライフのビジネスモデルに支援することが、今後の自動車業界の発展にも繋がることを確信しております。特に一般金融機関に借り入れを行うよりも容易に独立・事業拡大が出来ることが、自動車整備工場にとってのメリットです。複雑な手続きや折衝も無く、銀行にお金を借りると同じ内容で資金が調達出来ます。日本政策投資銀行としては、全面的にオルタライフを支援することで国内の自動車産業の拡充、海外へ日本の車検や自動車産業システムの輸出を検討しております

。既にスキームとしてはテストランが始まっており、年内に10件、予算にして5,000万円までを目標としております。低リスクで機械工具の調達から、事業拡大が最大の着地点としてみております。最終的には、日本の自動車産業の充実です。
オルタライフへ資金融資が自動車整備工場への資金融資となり、業界発展への足がかりと考えております。

株式会社オルタライフ
代表取締役社長 三谷 卓也

自動車ビジネス開業ナビを弊社ホームページにて運営しております。このサイトは、これまで約300件の整備工場の独立のお手伝いをさせていただいておりました。しかしながら、資金調達面で皆様にご迷惑をかけており、今後の課題となっていました。今回、日本政策投資銀行との連携によって、より総合的なサポートが可能となりました。開業に必要な資金、整備機器、人材、工場届出、必要に応じて土地の情報など、トータルで見ることが出来るようになりました。

基本的には社債を発行していただき、その他、複雑な手続きは必要としないのでぜひ、ご活用いただきたいと考えています。現在では、社債の期間や金利などの詳細は現在調整中ですが、我々としては、金利は限りなく少なくする予定です。自動車整備業界の発展が最大の目的です。業界の活性化と潜在顧客の掘り起こしに繋げていただき、金銭的、資材的に参入できない新規ビジネスへ積極的に参加できます。

具体的に言えば、リフトを持っていない工場で、社長一人で事業展開している会社では認証工場をすぐに取得するのは困難です。しかしこのスキームを活用すれば資金面での支援によりリフトから人材確保に至るまでのストレスを軽減させることが出来ます。簡単に言ってしまえば、銀行にお金を借りるよりも、簡単にお金が借りられます。もちろん弊社からの機材購入が条件となっておりますが、弊社の商品ラインナップであれば、新規開業であったとしても十分に対応出来ます。今後の新しい整備業界の血の循環に少しでも役立てればと考えています。

新規事業のハードルを下げる

新規開業はともかく、新規事業に対してのハードルが下がる点が、既存の整備工場にとって一番のメリットと言える。人材、資材不足によって事業を拡大できない、事業を逆に縮小しなくてはいけない状況となってしまっては業界全体が縮小してしまう。個社の成長が無くては業界の衰退に繋がることは明白である。大きな会社や資金が潤沢にある企業であれば問題は無いが、現在の専業工場はビジョンがあっても資金が無い、という現実も大いにある。新規事業、新規開業、独立開業、一瞬でもよぎった方はオルタライフに相談してみてはいかがだろうか。

株式会社オルタライフ

〒335-0034 埼玉県戸田市笹目8-15-1

TEL 048-449-6570(代表) FAX 048-421-3266