情報取得の多様化に対応出来ない整備工場は淘汰される

ネット集客

HPさえ開設すればよい時代は終った

ここ数年で、インターネットを活用した集客方法は実に多様化しました。どんな集客方法があるのか考えてみましょう。
自社HP、ヤフオク!、ECサイト、ブログ、Facebook、Twitter、YouTube動画、Instagram、リスティング広告、ディスプレイ広告、バナー広告、リマーケティング広告など、インターネット広告だけをみても、これだけの集客手法が存在するのです。この他に、インターネット以外のチラシやDMなどのアナログ広告も加わります。

1台の車を売るため、1台の整備入庫を増やすため、これだけの媒体に広告や記事を出さなければ売れない時代になっているのが現実です。一昔前は、HPさえ開設していれば、クルマが売れたり整備入庫が増える時代もありましたが、ここ数年で状況はがらりと変わっています。

なぜだと思いますか?
理由は【SNSの普及】によるものです。現在のネットユーザーがどこから情報を手に入れているかと言うと「SNS」なのです。

SNSの活用が必須の時代

今のユーザーは、FacebookやTwitter、InstagramなどのSNSから情報を入手しています。ここ数年、SNSの爆発的な浸透のおかげで、情報の取得先が増えたのです。

あなたも、飲食店の情報を口コミサイトから取得したことがあると思います。同様に、あなたの整備工場の情報をSNSから取得するユーザーが増えてるのです。
以前は、ホームページを構築してブログを書くだけで、成果を出すことができていましたが、今は『全てに着手していないと売れない時代』です。「やれば売れた」という時代から『やらなければ売れない時代』に変わったのです。

インターネットの取り組みを面倒だと思うのか?それとも、そんな時代だからと前向きに取り組むのか?あなたには、2つの選択肢があります。どちらを選択するのも自由ですが、時代の流れを考えると、答えは1つしかないように思います。

HPをしっかり構築すること、複数のSNSを使って正しく情報を発信すること、SNSや地域の顧客に向けて自社の情報を配信して、HPへアクセスを集めること、これらの活動が必須の時代になったのです。

今までは、やれば売れたのですが、これからは、やらなければ売れなくなります。まだインターネットの活用に着手できていないお店は、HPとSNS等を活用した情報発信に、今すぐ、何が何でも、行動してほしいと思います。今ならまだ間に合うと思います。あなたは、いつ行動しますか?

関谷 秋彦

中古車店・整備工場専門のホームページ制作会社。代表取締役兼WEB ディレクター。元ディーラーフロントマン。中古車店・整備工場専門のホームページ制作会社を経営し、顧客は全国に数十社。中古車販売店や整備工場のホームページ制作を行う傍ら、顧客フォローや集客のアドバイスを行っている。

ホームページのご相談は ▶ http://digitalconvergence.jp